朝日新聞厚生文化事業団トップページ 個人情報保護方針 > 個人情報の保護に関する宣言

個人情報の保護に関する宣言

社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団(以下、「当団」といいます)は、個人情報の重要性を認識し、その保護の徹底を図るため、個人情報に関して適用される法令や規範を順守するとともに、個人情報を以下の方針に従って取り扱います。

当団は、個人情報の取り扱い方を必要に応じて見直し、改善して参ります。最新の内容は常時、このホームページに掲載また、問い合わせ窓口に備え付けておりますので、ご確認ください。

個人情報

個人情報とは、ご支援者、お客様ご本人に関する情報で、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、職業、メールアドレスその他の記述等により、ご支援者、お客様個人を識別することができるものをいいます。

個人情報の取得・利用

当団は、個人情報を適正な方法で取得します。ご支援者、お客様から直接、個人情報を取得する場合は、原則として利用目的を明らかにしたうえで行います。また当団は、あらかじめ明らかにした利用目的の範囲を超えて、個人情報を取り扱うことはいたしません。

個人情報(個人データ)の保護・管理

当団は、取得した個人情報について、利用目的の達成に必要な範囲内において、データ内容の正確性の確保に努めるとともに、当該情報への不正なアクセス及び当該情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩などが起きないよう、適切に取り扱います。そのために、個人情報データベースを厳重に保護・管理します。個人情報を取り扱う部門ごとに責任者を定めて管理状況を把握するとともに、団全体を統括する部門でもチェックし、遺漏のないようにします。 当団は、法令に基づく場合などを除いて、ご支援者、お客様の個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることはいたしません。 当団の事業目的を遂行するために業務の一部を第三者に委託する場合、当団はその委託先に対し、当該個人情報を漏洩・流出させたり不正に利用したりしないよう、契約により適切な管理を義務付け、実施させております。また、ご支援者、お客様の同意を得て個人情報を特定の第三者に提供する場合も、その提供先に対し、当該個人情報を厳重・適切に管理するよう書面等により求めております。

発行する案内やウェブサイトなどで、催し物情報などに関連して、投稿や応募、アンケートへの回答などをお願いすることがあります。これらの中には、当団は告知のためのスペースを提供するだけで、催し物の主催者が個人情報を集める主体(以下、「収集者」といいます)となるケースが含まれています。その場合、個人情報の取得・管理・利用は、収集者が自らの個人情報管理方針に従って行うことになり、当団は当該個人情報を取得・管理・利用する立場にありません。当団は、新聞紙面や出版物ならびにウェブサイト上で収集者を明示するとともに、収集者には当該個人情報を適切に管理するよう求めます。

ページ上部へ戻る