~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

第6回「認知症カフェあまなつ」開催(南伊豆町)

8月13日(木)、南伊豆町旧三浜小学校で「認知症カフェ『あまなつ』」を開催しました。

夏休みを利用した観光客や海水浴客でにぎわう南伊豆町。お盆の時期と重なった第6回目は、4人が参加しました。いつもより人数は少ないですが、みなさん自然と一つのテーブルに座り、スタッフも交えて福祉サービスに関する相談や地域の話など、落ち着いた雰囲気の中で会話をして過ごしました。

今回の目玉は夏限定の抹茶あずきかき氷です。
いざ、あずきの缶を開けようとした時、缶切りがないことに気づいたスタッフ。いつも参加されている方のお店が近くにあるので、急きょ缶切りを借りに行きました。あとで、そのお礼に出張「あまなつ」としてコーヒーと、かき氷をお届けしました。

また、参加者から果物とバニラアイスで作られたデザートの差し入れもあり、夏らしさを感じる第6回目の認知症カフェとなりました。

夏限定の抹茶あずきかき氷

差し入れの手作りデザート

できるだけ住み慣れた家、住み慣れたまちで暮らすために、認知症の人やその家族、認知症のことが気になる地域の人、ボランティア、そして医療やケアの専門職、行政担当などの人たちが気軽に集まり、お茶を飲みながら語らい、ひと時を過ごせる場所。そんな「居心地のいい場所」づくりを目指して、伊豆半島の先端のまち南伊豆町の子浦地区に、NPO法人風楽(ふうら)とともに2015年2月に開設した「認知症カフェ『あまなつ』」。

次回は9月10日(木)13:00~14:30に開催予定です。

認知症カフェあまなつ第5回目のページはこちら

ページ上部へ戻る