~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

第5回「認知症カフェあまなつ」開催(南伊豆町)

7月9日(木)、南伊豆町旧三浜小学校で「認知症カフェ『あまなつ』」を開催しました。

できるだけ住み慣れた家、住み慣れたまちで暮らすために、認知症の人やその家族、認知症のことが気になる地域の人、ボランティア、そして医療やケアの専門職、行政担当などの人たちが気軽に集まり、お茶を飲みながら語らい、ひと時を過ごせる場所。そんな「居心地のいい場所」づくりを目指して、伊豆半島の先端のまち南伊豆町の子浦地区に、NPO法人風楽(ふうら)とともに2015年2月に開設した「認知症カフェ『あまなつ』」。


5回目を迎えた今回も、16人が集まりました。先月、「あまなつ」が町で配られている広報誌「広報みなみいず6月号」に紹介されました。その記事を見て参加してくださった方もいて、町全体に「あまなつ」の存在が広く知れ渡ってきていることがうかがえます。また、回を重ねるごとに認知症のご本人やご家族も増え、幅広い世代の方々が集まっています。


今回は、参加者の方が作って下さったお饅頭やあまなつピール、あまなつゼリーが配られ、みんなで美味しく召し上がりました。その後は、お菓子のレシピを伝授する方や、ピアノを弾く方、おじゃみを作る方、体操教室で習ったステップを披露する方、おしゃべりに夢中になる方など、各々が思い思いの時間を過ごしました。このカフェが居心地のいい場所と感じ、月に1度の開催をとても楽しみにしている様子が見られ、「あまなつ」が日常のひとつになりつつあると感じました。

次回は8月13日(木)13:00~14:30に開催予定です。
暑い夏限定のかき氷を用意します。

認知症カフェあまなつ第4回目のページはこちら

ページ上部へ戻る