~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 最新のお知らせ

最新のお知らせ

講演「認知症とともに生きるまちを目指す町田市の取り組み」※受付終了

※お申し込み受け付けは終了いたしました。

~認知症カフェ全国ネットワークづくり オンラインミーティング「先行者に地域作りの実践を学ぶ」~

朝日新聞厚生文化事業団では、「ともにつくる認知症カフェ開設応援助成」事業(2016年度、17年度)の実施や、フォーラム「認知症カフェからの出発」を開催するなど、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを、認知症カフェの運営団体の皆さまと共に考えてきました。

これらを通じて知り合った運営団体が、今後、面でつながり、お互いの「アイデア」や「力」を各地域での実践につなげていくことを目標に、ネットワークをつくっていくためのオンラインミーティングを、現在継続して開催しています。

10月30日開催のオンラインミーティングのテーマは「先行者に地域作りの実践を学ぶ」。一般社団法人Dフレンズ町田代表理事の松本礼子さん、まちの保健室の平田容子さんを講師にお招きし、「認知症とともに生きるまちを目指す町田市の取り組み」を聞き、各地域での実践のヒントにします。

松本さん、平田さんの講演は、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりに関心のある方、どなたでもご参加いただけます。皆さまのご参加をお待ちしております。

概要

日時 10月30日(土)14:00~15:00
場所 オンライン開催
※Zoomを使用します。
対象 認知症カフェの運営に携わっている方、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりに関心のある方
参加費 無料
定員 50人(先着順)
※事前の申し込みが必要です。

講師紹介

松本 礼子 さん
Dフレンズ町田代表理事/NPO法人ひまわりの会代表・まちの保健室/HATARAKU認知症ネットワーク町田代表

認知症の方も参加する竹林保全活動や本人会議など、次々と新しい動きを進めている。

平田 容子 さん
NPO法人ひまわりの会・まちの保健室室長

「町田市認知症とともに歩む人・本人会議」の発起人。Dカフェではファシリテーターとしての舵取り役を務めている。

申し込み方法

※お申し込み受け付けは終了いたしました。

お問い合わせ

朝日新聞厚生文化事業団「認知症カフェ」係

メール: cafeforum★asahi-welfare.or.jp
※メールは「★」記号を「@」に置き換えて送信ください。

主催:朝日新聞厚生文化事業団