~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

【結果速報】第38回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト

第38回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト(全日本ろうあ連盟、朝日新聞厚生文化事業団、朝日新聞社主催、厚生労働省、文部科学省、テレビ朝日福祉文化事業団、日本手話通訳士協会、全国聾学校長会後援、東京都聴覚障害者連盟協力、NEC協賛)の入賞者が、9月12日に確定しました。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、出場者やご観覧いただく皆さまの健康と安全を第一に考慮した結果、開催方法を変更する運びとなりました。

全国の応募者95名の中から、原稿・動画による選考を経て、最終審査には10名が進みました。その中から5名の高校生が特別賞を受賞しました。

入賞者は次のとおりです。(敬称略)

入賞者(特別賞)一覧

学校名 学年 氏名
福島県・東日本国際大学附属昌平高等学校 3年 清水詩
神奈川県・日本女子大学附属高等学校 2年 松田愛未
大阪府・大阪府立北千里高等学校 2年 森健司
愛媛県・済美高等学校 3年 二神優
福岡県・福岡県立福岡高等聴覚特別支援学校 3年 平嶋萌宇

最終審査出場者一覧

学校名 学年 氏名
埼玉県・埼玉県立特別支援学校 坂戸ろう学園 3年 德永小雪
愛知県・桜花学園高等学校 3年 津田愛心
長野県・長野県屋代高等学校 3年 宮脇瑞季
愛媛県・愛媛県立松山聾学校 2年 永野彩夏
大分県・楊志館高等学校 3年 堤奏乃香

9月末頃には、最終審査に出場した10名のスピーチのダイジェスト動画を配信する予定です。
楽しみにお待ちください!

ページ上部へ戻る