~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

「朝日オンライン保育ラボ」第2回目「クリスマス保育セミナー」を開催しました。

12月20日に、保育について参加者と講師が一緒に考える「朝日オンライン保育ラボ」第2回目「クリスマス保育セミナー」を開きました。講師は、これまで数々の「あそびうた」を世に送り出してきた中川ひろたかさんや鈴木翼さんらソングブックカフェのメンバーで、有楽町朝日ホールからオンライン中継を行いました。双方向で参加しながら、ライブの臨場感を楽しみたい方向けのZoomでの配信と、音質や画質にこだわって視聴したい方へおすすめのライブストリーミング配信を用意。保育士や幼稚園教諭等、子どもとかかわる方約300人が参加しました。

今回は、保育現場で子どもと一緒に楽しめる「あそび」をテーマにしました。講師全員が色違いのカラフルなジャージを着て登場。鈴木翼さんが「みなさんお立ちください」と参加者へ呼びかけ、講師全員で「みんなでハイタッチ」やタオルを使った「のびるちぢむくん」「チューチューねずみ海賊だ」などを、解説つきで歌って踊りました。gaagaaS、鈴木翼さん、ロケットくれよん、福田翔さんそれぞれのソロコーナーもあり、手遊びやダンス、体操や運動あそびうたなどを紹介。アンコールでは、「ちょっとだけ体操」などを全員で披露し、質問コーナーでは、Zoomで参加の方々から様々な質問がありました。「新しいあそびうたをつくる際に大切にしていることは」という質問には、講師から「楽しませよう、ではなくいっしょに楽しもうという気持ちでつくる」や「自分が楽しいこと、こどもたちが楽しいことを探す」などの回答があり、参加者と講師との交流も盛り上がりました。最後は、中川ひろたかさん作曲の「にじ」を講師全員の歌と演奏で締めくくりました。アンコールを含め20種類もの演目がある盛りだくさんのセミナーでした。

ページ上部へ戻る