~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

ボッチャ体験&ちょこっと福祉相談会(東京都中央区)

東京都中央区の社会福祉法人が連携し地域社会に貢献する取り組み「ボッチャ体験&福祉ちょこっと相談会」を11月23日に東京都中央区の月島区民センターで催しました。

3回目となる今回もロンドンパラリンピック日本代表・秋元妙美さんを講師にお迎えし、子どもから高齢者まで、約100人がボッチャを体験しました。

障害の有無や年齢にかかわらず、誰しもが一緒に楽しめることが魅力のボッチャ。小さなお子さんがご家族と一緒に参加し、「ランプ」と呼ばれる滑り台のような勾配具を使いボールを転がしたり、車いすを利用する高齢者が参加したり、多世代の人にボッチャを楽しんでいただいた一日となりました。

小学生同士の白熱した「対戦」も繰り広げられ、会場は大盛り上がり。「名前は聞いたことがあったが、体験したのははじめて。狭い場所でも年齢も関係なくプレーできるのは良いと思う」「ルールがわからなかったけど、楽しく学べた」「孫と参加。仲間に入れてもらって楽しかった」など、たくさんの感想をいただきました。

さまざまなテーマに専門家がこたえるちょこっと相談会も同時に実施。40人程が利用しました。

(中央区社会福祉法人連絡会主催。同会には当事業団のほか、中央区社会福祉協議会、シルヴァーウィング、賛育会、わとなーる、長岡福祉協会、奉優会、東京都手をつなぐ育成会、清香会、木下財団、丸紅基金などが参加。)

ページ上部へ戻る