~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

第40回朝日九州車いすバスケットボール選手権 北九州大会
小倉北体育館で開催

第40回朝日九州車いすバスケットボール選手権大会(九州車いすバスケットボール連盟、朝日新聞厚生文化事業団主催)が、12月14日、15日の両日、福岡県・北九州市の小倉北体育館ならびに北九州市障害者スポーツセンター「アレアス」で開催され、九州・沖縄から参加した10チームがトーナメント方式で熱戦を繰り広げました。

昨年の大会は、諸々の事情から参加チームが少なくなり5チームでの開催となりましたが、40回の記念大会となる今年は10チームが参加しました。

2日間に渡る熱戦の結果、決勝に進んだのは、「ライジングゼファーフクオカWheelchair」※(福岡)と「SEASIRS(シーサーズ)」(沖縄)。ライジングゼファーフクオカは第38回、39回と連覇をしている躍進中のチームで3連覇がかかります。一方のSEASIRSは、2011年度以来の2度目の優勝を狙って、白熱の一戦となりました。結果は、SEASIRSが52対37での勝利。

3位決定戦は、「太陽の家スパーズ」(大分)対「長崎サンライズ」(長崎)の対決となり、太陽の家スパーズが63対60で競り勝ちました。

上位3チームは、「日本選手権大会西日本予選」(2020年9月、愛媛)への出場権を獲得しました。この西日本予選で3位までに入れば、「天皇杯第48回日本選手権大会」(2021年1月)への出場資格を得ることになります。

決勝 SEASIRS(沖縄)52-37 ライジングゼファーフクオカ(福岡)
3位決定戦 太陽の家スパーズ(大分)63-60 長崎サンライズ(長崎)
準決勝 ライジングゼファーフクオカ(福岡)67-56 長崎サンライズ(長崎)
SEASIRS(沖縄)63-49 太陽の家スパーズ(大分)
2回戦 ライジングゼファーフクオカ(福岡)71-24 薩摩ぼっけもん(鹿児島)
長崎サンライズ(長崎)79-50 大分WBC(大分)
SEASIRS(沖縄)78-31 宮崎WBC(宮崎)
太陽の家スパーズ(大分)59-30 SEA WEST(長崎)
1回戦 薩摩ぼっけもん(鹿児島)61-40 HAGAKURE Dangers(佐賀)
SEA WEST(長崎)59-20 北九州足立クラブ(福岡)

※「ライジングゼファーフクオカWheelchair」は、昨年までの「福岡breez」が2019年8月にチーム名称を変更したものです。

ページ上部へ戻る