~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

【結果速報】第36回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト

第36回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト(全日本ろうあ連盟、朝日新聞厚生文化事業団、朝日新聞社主催、厚生労働省、文部科学省、テレビ朝日福祉文化事業団、日本手話通訳士協会、全国聾学校長会後援、東京都聴覚障害者連盟協力、NEC協賛)を8月24日(土)に東京・有楽町朝日ホールで開催しました。入賞者・出場者は次のとおりです。(敬省略)

1位に選ばれた愛知・桜花学園高3年の安江瑞紗さん
入賞者
1位 愛知県・桜花学園高等学校 3年 安江瑞紗
2位 熊本県立熊本聾学校高等部 3年 西垣佳純
3位 愛媛県・済美高等学校 3年 川越まい
奨励賞 神奈川県立高浜高等学校 3年 中村桃香
奨励賞 東京都立瑞穂農芸高等学校 1年 大野瞳子
出場者
大阪府立柴島高等学校 2年 藤井桃菜
和歌山県・きのくに国際高等専修学校 3年 恩庄真輝
広島県・AICJ高等学校 3年 福田あさひ
福岡県立三井高等学校 3年 中山桜
大分東明高等学校 3年 工藤彩乃
開会式で手話を交えてご挨拶される眞子さま

また、コンテストには秋篠宮家の長女眞子さまが出席。開会式では、手話を交えながら、参加する高校生たちを励ますあいさつを述べました。

ページ上部へ戻る