~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

高砂部屋力士によるゆうゆうビジット「三重県桑名市(ソフトハウス)」

大相撲名古屋場所を終えた高砂部屋の力士が22日、三重県桑名市多度町の特別養護老人ホーム「ソフトハウス」を訪れました。入所者や職員ら約90人が力士が繰り出す技を間近に見学し、ちゃんこ鍋を楽しみました。

施設を訪問したのは、名古屋場所を勝ち越しで終えた幕下の朝興貴と三段目の朝乃丈。施設職員らとの「対戦」では参加者から歓声があがりました。また元力士の松田哲博マネジャーは相撲甚句を披露しました。施設を代表して102歳の女性が「生きる目標ができました。ありがとう」と感謝を込めて記念品を贈呈しました。入所者の筧すゞ子さん(93)は「この歳になってこんなめでたい体験ができるなんてうれしいです」と話しました。

ページ上部へ戻る