~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

高砂部屋力士による「ゆうゆうビジット」(大阪市「甍」)

大相撲春場所を終えた高砂部屋の力士らが3月25日、大阪市生野区の特別養護老人ホーム「甍(いらか)」を訪れ、施設利用者や職員ら約90人と交流しました。

訪問したのは、大阪場所で共に勝ち越しを決めた幕下の朝興貴、三段目の朝乃丈と松田哲博マネジャー。ホームの集会場に土俵代わりのマットが敷き詰められ、まずは2人の力士が相撲の技を次々に繰り出しました。施設職員が力士に挑戦する場面もあり、びくともしない力士の姿に見学者から歓声があがりました。次に松田さんが相撲甚句を披露。高砂部屋特製のちゃんこ鍋も振る舞われました。施設利用者の男性(80)は「力士に挑戦したことを家族に報告します」とうれしそうに話しました。

ページ上部へ戻る