~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

高砂部屋力士による「ゆうゆうビジット」 (福岡市「いと楽し」)

大相撲九州場所を終えた高砂部屋の力士らが11月26日、福岡市西区徳永北の地域複合福祉センター「いと楽し」を訪れました。外出の機会が少ない高齢者に楽しいひとときを届けました。

訪れたのは、幕下の朝興貴と三段目の朝乃丈、マネジャーの松田哲博(元一ノ矢関)の3人。技を披露したり、職員と「対決」したりして、入所者を楽しませました。

隣接する「いとぽっぽ保育園」の園児10人も参加しました。年長の野田悠真くん(6)は、初めて見る力士に「大きくてかっこよかった」と目を輝かせました。福嶋英文さん(90)は「今年の九州場所はテレビで見た。今日は技を解説しながら見せてくれたので、次に相撲を見るのが楽しみです」とうれしそうでした。

ページ上部へ戻る