~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

千住真理子さん、丸山滋さんが福島県を訪問しました

国内外で活躍する人気ヴァイオリニストの千住真理子さん、ピアニストの丸山滋さんが10月5日、6日にかけて福島県で復興支援のリサイタルを行いました。

訪問先は山木屋地区や葛尾地区の小中学校、浪江スポーツーセンター、双葉郡にある病院などの6カ所。

東日本大震災後の東京電力福島第一原子力発電所の事故によって一時立ち入りが制限されたエリアを中心に、少しずつ進む復興を活気づけるために行われました。この取り組みは東日本大震災の被災地を支援する「復興支援プロジェクト」の一環です。

10月5日に浪江町地域スポーツセンターで開かれたコンサートでは、町民ら約140人を前に演奏を行いました。

千住さんは「みなさんの心にエネルギーがわいてきますように」などと語りかけ、バッハ作曲の「G線上のアリア」やドビュッシー作曲の「亜麻色の髪の乙女」などのクラシックの名曲を演奏しました。

会場では、リズムをとったり、目を閉じたりしながら熱心にヴァイオリンの音色に聴き入る人も多く、岡野貞一作曲の「ふるさと」が演奏されると、感動を抑えきれずに涙を流す人の姿も見られました。

ページ上部へ戻る