~共に生きる豊かな社会福祉のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のお知らせ

事業のお知らせ

高次脳機能障害講演会
医療と連携、リハビリから就労へ(東京)※お申込み受け付けは終了しました。

※お申し込み受け付けは終了しました。

高次脳機能障害の人たちにとって、医療と福祉の連携は不可欠です。
高次脳機能障害の原因となる脳卒中になったり、交通事故などに遭ったりすると、多くの場合、救急病院に搬送され治療を受け、容体が安定したらリハビリ病院に転院し、退院後も日常の中でリハビリを続けることになります。さらに就労に向けた訓練と、途切れることのない支援が必要です。
地域の中で、医療と福祉がどのように連携し、リハビリから就労へつないでいくのかを探ります。

とき 2018年9月30日(日)午後1時~4時
ところ 東京都中央区築地5-3-2
東京・浜離宮朝日ホール 交通アクセス
参加費 1,000円(当日会場で)
定員 400人(先着順)

プログラム

13:00~13:45 基調講演「高次脳機能障害のリハビリテーション」
橋本 圭司さん
13:45~14:15 対談「更なる挑戦」
石井雅史さん/橋本圭司さん
14:15~14:30 休憩
14:30~16:00 シンポジウム「医療と連携、リハビリから就労へ」
瀧澤 学さん(コーディネーター)/納谷 敦夫さん/野々垣 睦美さん/深津 玲子さん

講師・パネラープロフィール

石井 雅史(いしい まさし)さん
(公財)藤沢市みらい創造財団スポーツ事業課所属
1972年神奈川県生まれ。高校卒業後、競輪選手として活躍中、2001年山中のロードワーク中に事故で高次脳機能障害を負う。競輪選手を引退後、パラサイクリングに取り組み、06年、07年の世界選手権では世界新記録を含む好成績をおさめる。08年北京パラリンピックでは、金、銀、銅のメダルを獲得する活躍をみせ、大会終了後、藤沢市市民栄誉賞を受賞する。09年4月、藤沢市スポーツ振興財団(10年4月藤沢市みらい創造財団に統合)の非常勤職員として競技活動を続ける。その9月の世界選手権で再び大けがを負うも、10年アジアパラ競技大会では銀メダルを獲得。12年ロンドンパラリンピック、16年リオパラリンピックに出場、20年東京パラリンピックをめざす。
橋本 圭司(はしもと けいじ)さん
はしもとクリニック経堂院長
1998年東京慈恵会医科大学卒業。東京都リハビリテーション病院、神奈川リハビリテーション病院、慈恵医大病院などで数多くの高次脳機能障害の治療を経験。2007年東京医科歯科大学准教授、09年国立成育医療研究センターリハビリ科医長、16年はしもとクリニック経堂院長、17年千葉大学客員教授。
瀧澤 学(たきざわ がく)さん
神奈川県リハビリテーション支援センター・
地域支援室総括主査
1992年4月神奈川県総合リハビリテーション事業団入職。重症心身障害児者施設、知的障害児者入所更生施設支援員を経る。2007年4月より神奈川リハビリテーション病院MSW兼高次脳機能障害相談支援コーディネーター。17年4月より現職。
納谷 敦夫(なや あつお)さん
なやクリニック高次脳機能障害担当医
1972年大阪大学医学部卒。大学での臨床研修後、民間病院などを経て78年エディンバラ大学医学部精神科で臨床研修を行う。80年府立中宮病院を経て、86年大阪府庁に入り、精神保健、医療、保健福祉などを担当。健康福祉部長時代に高次脳機能障害モデル事業を大阪府で実施。大阪府の総合病院にリハビリテーション部、障害者自立センターなどの創設に尽力。2007年より、大阪府堺市で、なやクリニック高次脳機能外来を開設。08年高次脳機能障害のグループリハビリテーションを開設。12年高次脳機能障害者のためのグループホーム創設に尽力。17年全国に先駆け高次脳機能障害者のための生活介護施設を創設。
野々垣 睦美(ののがき むつみ)さん
クラブハウスすてっぷなな統括所長
1996年国立療養所箱根病院附属リハビリテーション学院作業療法学科卒業。同年神奈川県総合リハビリテーションセンター入職。2004年神奈川県総合リハビリテーションセンター退職。同年4月クラブハウスすてっぷなな所長(現:特定非営利活動法人脳外傷友の会ナナ・クラブハウスすてっぷなな)。12年クラブハウスすてっぷなな統括所長。
深津 玲子(ふかつ れいこ)さん
国立障害者リハビリテーションセンター企画・情報部
高次脳機能障害情報・支援センター長
東北大学医学部を卒業後、同大神経内科入局。宮城病院神経内科部長等を経て2006年より国立障害者リハビリテーションセンター勤務。現在同センター学院長、高次脳機能障害情報・支援センター長。東北大学医学部高次脳機能障害科担当臨床教授。

交通アクセス

浜離宮朝日ホール

  • 「築地市場駅」都営大江戸線(A2番出口)すぐ
  • 「築地駅」東京メトロ日比谷線(1、2番出口)より徒歩8分
  • 「東銀座駅」東京メトロ日比谷線/都営浅草線(6番出口)より徒歩8分
  • 「汐留駅」都営大江戸線(新橋駅方面改札口)
    新交通ゆりかもめ(改札口)より徒歩10分
  • 「新橋駅」JR(汐留口)/東京メトロ銀座線(1、2番出口)
    都営浅草線(改札口)より徒歩15分

※ホールには駐車場はありません。近隣の有料駐車場をご利用ください。

お申し込み・お問い合わせ

※お申し込み受け付けは終了しました。

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞厚生文化事業団「高次脳」係
TEL:03-5540-7446 FAX:03-5565-1643

主催

社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団

後援

NPO法人 日本脳外傷友の会
NPO法人 東京高次脳機能障害協議会
公益財団法人 大同生命厚生事業団

ページ上部へ戻る