~共に生きる豊かな社会福祉のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のお知らせ

事業のお知らせ

認知症フレンドリーコミュニティーフォーラム
~町田市にみる認知症の人にやさしいまちづくり~※終了しました

※終了しました。

地域のさまざまな部門が連携する「認知症フレンドリーコミュニティー(認知症の人にやさしいまち)」をめざす動きが各地で進んでいます。なかでも東京都町田市は、認知症の人の意見を取り入れたまちづくりで注目されています。町田市の、市役所、当事者、デイサービスの運営者や認知症カフェの責任者など、街づくりを担う関係者が集うフォーラムを開催します。認知症フレンドリーコミュニティー発祥の地、英国のなかでも、いち早くこれに取り組んできた、プリマス市の関係者もテレビ会議で参加します。

また、2020年までに世界で初めて「認知症フレンドリー首都」を目指すロンドン市の改革について、ロンドン市と英国アルツハイマー協会の担当者が基調講演します。

会場の参加者、町田市やプリマス市の関係者が質疑応答に答える、対話型のフォーラムです。

とき 2018年2月17日(土)午後2時~
ところ 〒531-6023
大阪府大阪市北区大淀中1-1
梅田スカイビル・ステラホール アクセス
参加費 1000円(同時通訳レシーバー代含む 当日会場で)
定員 300人(先着順)

発表者

町田市 古川 歌子さん(町田市いきいき生活部高齢者福祉課統括係長)
前田 隆行さん(デイサービス「DAYS BLG!」主催)
平田 容子さん(NPO法人「ひまわりの会・まちの保健室」室長)

町田市在住の認知症の当事者
林 健二さん(スターバックスコーヒージャパン町田金森店ストアマネジャー)
プリマス市 イアン・シェリフさんの他、同市の認知症関係者数人
進行・コーディネーター 徳田 雄人さん(スマートエイジング代表)

プログラム

※時間配分は変更する可能性があります。

時間 概要
13:55~14:00 開会のあいさつ
14:00~14:45 基調講演「2020年 認知症フレンドリー首都ロンドン」
・ガス・ウィルソンさん(ロンドン市健康委員会事務局長)
・フェーン・ハワードさん(英国アルツハイマー協会ステークホルダー関係部長)
14:45~14:55 休憩
14:55~16:00 町田市の認知症フレンドリーコミュニティーづくりについて
・古川 歌子さん(町田市いきいき生活部高齢者福祉課統括係長)
・前田 隆行さん(デイサービス「DAYS BLG!」主催)
・平田 容子さん(NPO法人「ひまわりの会・まちの保健室」室長)

町田市在住の認知症の当事者
・林 健二さん(スターバックスコーヒージャパン町田金森店ストアマネジャー)
※コーディネーター・進行は徳田 雄人さん(スマートエイジング代表)
16:00~16:30 プリマス市の取り組みについて(テレビ会議)
・プリマスの動画上映
・イアン・シェリフさん(プリマス大認知症学術パートナーシップリーダー)
・その他関係者数人
16:30~17:00 質疑応答
会場の参加者、町田市のみなさん、プリマスのみなさん
17:00 終了
18:30~ 懇親会(講師と参加者が交流できます。会場は大阪市北区中之島2-3-18のフェスティバルタワー内のレストランです。※参加費1000円)

お申し込み方法・お問い合わせ

※終了しました。

主催

朝日新聞厚生文化事業団、朝日新聞社

後援

駐日英国大使館

ページ上部へ戻る