~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

第28回 認知症カフェあまなつ開催(南伊豆)

6月8日(木)、南伊豆町旧三浜小学校で「認知症カフェ『あまなつ』」を開催しました。

前日から雨が続き、客足への影響を心配したものの地元の方8人が参加。近隣の大学から研修にやって来た看護師のたまご3人に、「おくすり相談」のために薬局から出張してきた2名を加え、会場内のテーブルは満席に。とても賑やかな会となりました。

参加者の一人が、手作りのおまんじゅうとゼリーを差し入れてくださり、美味しいお茶とともにいただきます。

第28回「あまなつ」の様子

カフェではテレビで見た健康情報について話をしたり、おくすり相談の薬剤師さんに蜂に刺されたときの対処法をきいたり、色々な話題で大盛り上がり。また、1年に1回、研修の一環でやってくる看護学生さんにはみな興味津々で、学生さんを囲むようにして会話を楽しみました。

終了時間をとっくに過ぎた頃、この日のあまなつはお開きに。参加者は次回の開催を楽しみに会場を後にしました。

できるだけ住み慣れた家、住み慣れたまちで暮らすために、認知症の人やその家族、認知症のことが気になる地域の人、ボランティア、そして医療やケアの専門職、行政担当などの人たちが気軽に集まり、お茶を飲みながら語らい、ひと時を過ごせる「居心地のいい場所」づくりを目指して、伊豆半島の先端のまち南伊豆町の子浦地区に、NPO法人風楽(ふうら)とともに2015年2月に開設した「認知症カフェ『あまなつ』」。

次回は、7月14日(木)に開催予定です。

ページ上部へ戻る