~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

日色ともゑさんとマリオネットによる「ゆうゆうビジット」(岡山市・広島市)

5月14~15日、女優の日色ともゑさんとポルトガルギターとマンドリンのデュオ「マリオネット」が岡山市、広島市の高齢者施設を訪問しました。

初日は岡山市の特別養護老人ホーム「さわらび苑」を訪問し、約50人の利用者やその家族らを前に朗読や演奏を披露しました。マリオネットが、ポルトガルの名曲「暗いはしけ」やオリジナル曲「南蛮渡来」などを披露したあと、日色さんは自身も大好きだという童話作家あまんきみこ作の「白いぼうし」を朗読。最後は全員で童謡「赤とんぼ」などを合唱し、元気な歌声が会場を包んだ。夫が施設を利用する矢吹ひろ子さん(82)は、「懐かしい歌を大きな声で歌えていい気分」と笑顔で話しました。

15日は、広島市の特別養護老人ホーム「ナーシングホームゆうゆう」を訪問。約60人の参加者を前に朗読や音楽を披露しました。入所者の山田昭一さん(89)は「とても楽しかった。朗読も音楽も体にしみこんで若返りました」と笑顔で話しました。

ページ上部へ戻る