朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のお知らせ

事業のお知らせ

安心して暮らすための遺贈・遺言セミナー「おひとりさまの老いじたく」(※終了しました)

※終了しました。

≪東京・大阪・名古屋≫
弁護士の中山二基子さんを講師に、おひとりさまや夫婦だけの世帯を主な対象とした、遺言の書き方や遺贈制度といった老いじたくに役立つセミナーを開催します。

遺贈・遺言セミナー「老いじたく~あなたの財産を未来に」

≪西部≫
弁護士の石井将さんを講師に、遺言書の基本的な作成方法や遺贈制度について解説します。セミナー終了後、個別相談にも応じます。

とき
※終了しました
東京:5月18日(木)14:00~16:00 
※終了しました
大阪:5月27日(土)14:00~16:00 
※終了しました
名古屋:6月9日(金)14:00~16:00 
※終了しました
西部:6月28日(水)14:00~16:00
ところ 東京:朝日新聞東京本社 会議室(東京都中央区築地5-3-2)
大阪:朝日新聞社アサコムホール
(大阪市北区中之島2-3-18中之島フェスティバルタワー12F)
名古屋:朝日新聞名古屋本社 会議室(名古屋市中区栄1-3-3)
西部:福岡朝日ビル(福岡市博多区博多駅前2-1-1)
定員 東京:80人
大阪:100人
名古屋:25人
西部:35人(いずれも先着順です)
参加費 無料

プログラム

13:30 開場
14:00~15:30 講演
15:30~15:40 休憩
15:40~15:55 質疑応答
16:00 閉会

講師プロフィール

《東京・大阪・名古屋》
講師:弁護士・中山二基子さん

東京大学卒。一般社団法人市民のための成年後見センター(銀のつえ)代表理事、東京弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター「オアシス」委員、世田谷区社会福祉協議会事例検討委員会委員、武蔵野市福祉公社特別顧問
著書:「老いに備える~老後のトラブルと予防法(文春文庫)」、「マンガでわかる成年後見制度(講談社)」など。

《西部》
講師:弁護士・石井 将さん

九州大学法学部卒。1970年より北九州市にて弁護士登録。1995年福岡県弁護士会副会長、1997年同北九州部会長。民・刑事一般事件のほか、労働・行政・破産・会社清算事件を手懸け、遺言・相続財産管理・成年後見問題にも取り組んでいる。

会場へのアクセス

朝日新聞東京本社

地下鉄大江戸線築地市場駅A2出口下車すぐ
地下鉄東銀座駅、または築地駅下車/徒歩8~10分
東京メトロ銀座線新橋駅か銀座駅下車/徒歩13~15分
JR・地下鉄新橋駅下車/徒歩13~15分
都バス、新橋駅前から(市01)築地中央市場(循環)または国立がんセンター(循環)(1)浜離宮(新館)、(2)築地市場正門前(本館)下車/徒歩1分

朝日新聞社アサコムホール
(中之島フェスティバルタワー12F)

京阪中之島線渡辺橋駅下車、12号出口へ
地下鉄四つ橋線肥後橋駅下車、4号出口へ
地下鉄御堂筋線・京阪本線淀屋橋駅下車、6番または7番出口から徒歩5分
JR大阪駅下車、桜橋口から徒歩11分
JR北新地駅下車、徒歩8分

朝日新聞名古屋本社

名古屋駅から徒歩15分
地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅7番出口から徒歩5分

福岡朝日ビル

JR博多駅博多口から徒歩2分
地下鉄博多駅博多口から徒歩2分

申込方法 (ゴールデンウィーク中は聴講券の発送をいたしません。ご了承ください)

氏名、住所、電話番号、参加希望人数を電話かファクス、はがき、E-mailで下記係へ。ホームページからも申し込めます。
(名古屋会場は電話でのお申し込みを受け付けておりません)

東京

※終了しました

〒104-8011(所在地不要)朝日新聞厚生文化事業団
「遺言セミナー」係
TEL 03-5540-7446 FAX 03-5565-1643

大阪

※終了しました

〒530-8211(所在地不要)朝日新聞厚生文化事業団
「遺言セミナー」係
TEL 06-6201-8008 FAX 06-6231-3004

E-mail izou-o@asahi-welfare.or.jp

名古屋

※終了しました

〒460-8488(所在地不要)朝日新聞厚生文化事業団
「遺言セミナー」係
TEL 052-221-0307 FAX 052-221-5453
※名古屋会場は電話でのお申し込みを受け付けておりません

E-mail izou-n@asahi-welfare.or.jp

西部

※終了しました

〒812-8511 福岡市博多区博多駅前2-1-1 朝日新聞福岡本部内 朝日新聞厚生文化事業団「遺言セミナー」係
TEL 092-477-6930 FAX 092-477-6931

E-mail izou-s@asahi-welfare.or.jp

主催

朝日新聞厚生文化事業団

ページ上部へ戻る