朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

第26回 認知症カフェあまなつ開催(南伊豆)

4月13日(木)、南伊豆町旧三浜小学校で「認知症カフェ『あまなつ』」を開催しました。

開催時間の30分も前から順々に参加者が集まり、席に着くなり、「おしゃべり」が始まります。この日の参加は南伊豆町に暮らす方5人と下田市内の薬局から見学に見えた2人、スタッフとあわせて12人。

「家ではなかなか飲まないようなものを」と、キッチンを担当しているNPO法人風楽の組谷さんが入れた、イチゴを使ったフルーツティーが、この日の一番人気でした。「いい香りね」「どうやって作るの?」「オレンジでもおいしいかしら?」と、参加された皆さんは興味津々。おかわりをする方もみられました。

また、参加者の一人が、伊豆の郷土名物「へらへら餅」とオレンジを使ったゼリー、コーヒーゼリーを作って持ってきてくださり、皆でおいしくいただきました。

ちょうど桜が満開だった南伊豆。お天気にも恵まれ、会場には暖かい光が差し込み、いつも以上に「居心地の良い場所」になった「あまなつ」。時間を忘れ、おしゃべりは続きます。気が付けば、終了時間をとっくに過ぎていて、次回の開催を楽しみに名残惜しそうに会場を後にする参加者の姿が印象的でした。

できるだけ住み慣れた家、住み慣れたまちで暮らすために、認知症の人やその家族、認知症のことが気になる地域の人、ボランティア、そして医療やケアの専門職、行政担当などの人たちが気軽に集まり、お茶を飲みながら語らい、ひと時を過ごせる「居心地のいい場所」づくりを目指して、伊豆半島の先端のまち南伊豆町の子浦地区に、NPO法人風楽(ふうら)とともに2015年2月に開設した「認知症カフェ『あまなつ』」。

次回は、5月11日(木)に開催予定です。

第25回「あまなつ」の様子

ページ上部へ戻る