~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

千住真理子さん、山洞智さんによる「被災地&ゆうゆうビジット」(宮城県塩竈市・南三陸町)

12月2日、バイオリニストの千住真理子さんとピアニストの山洞智さんが、お年寄りに楽しいひとときを贈る催し「ゆうゆうビジット」で宮城県塩釜市の高齢者福祉複合施設「月見ケ丘」を訪問した。

千住さんは入所者ら約100人に、「耳だけでなく体全体で受け取っていただけるのが、クラシック音楽の良いところ」と語りかけ、クライスラーの「愛の悲しみ」「愛の喜び」など9曲を披露した。演奏を聴いた松岡みさをさん(82)は「胸がいっぱいで涙が出ました」と話した。

お二人は11月30日と12月1日、「被災地ビジット」で南三陸町の復興住宅「志津川西復興公営住宅」「志津川東復興公営住宅」「戸倉復興公営住宅」や、「志津川保育所」へも訪問。「戸倉復興公営住宅」では訪問日にちょうど町内会が活動を始めたとのことで、町長の男性(75)は「町内会の門出に素晴らしい時間だった。今日の思いを胸に、これから住民同士力を合わせていきたい」と力強く思いを語った。

ページ上部へ戻る