~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

高砂部屋力士による「ゆうゆうビジット」(福岡県・朝倉市)

高齢者施設訪問プログラム「ゆうゆうビジット」で、大相撲高砂部屋の力士らが11月28日、福岡県朝倉市の介護老人保健施設「アスピア」を訪れ、お年寄りら約150人と交流しました。

福岡場所を終えたばかりの3段目の朝乃丈と序2段の朝森本の2人が訪問。 両力士は体がぶつかる音を場内に響かせて技を披露。部屋マネージャーの松田哲博(元一ノ矢)さんが軽妙な語り口で解説しました。職員や地域の人(保育園児)との取り組みもあって、会場を沸かせました。取組後は力士が利用者との交流を行いおなかを触ったり写真に収まったりと生身のふれあいを存分に楽しみ、笑顔が場内に広がりました。 今回は松田さんのちゃんこ鍋も振る舞いは有りませんでしたが、その分畳み上の取組と交流が多く行われ満足のいく訪問でした。

「ゆうゆうビジット」は、日ごろ外出の機会が少ない高齢者が生活する特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどの施設をプロの俳優や音楽家、力士などが訪問し、楽しいひとときをお届けするプログラムです。

ページ上部へ戻る