~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

川畠成道さんによる「ゆうゆうビジット」(熊本市「聖母の丘」)

川畠成道さんによる「ゆうゆうビジット」は10月18日(火)、熊本を訪れました。4月17日の地震以降半年がたち、ようやく実現した当事業団による熊本での初めての事業です。

甚大な被害を受けながら、なお毅然とした姿で熊本の人々を見守るかのように屹立する熊本城の近く、高齢者施設「聖母の丘」内に新しくオープンしたグループホームのホールには150人の利用者や近隣に住む方々が訪れ、川畠さんによる約40分の演奏に聞き入りました。ピアノ伴奏は惠村友美子さん。

グノー作曲のアヴェ・マリアやモンティ作曲のチャルダッシュなどが演奏される中、施設内の特別養護老人ホームやグループホームなどに暮らす利用者の方々の中には、はな歌で拍子を合わせながら楽しむ方が何人もいました。

「ホンモノの演奏をみなさんに聞いていただきたかった」という笠原洋子施設長の言葉に応え、「すばらしかった」「本物(なまの演奏)を聴いたのは初めて」と感想を口にし、即興の短歌で感謝を表す利用者の方もいらっしゃいました。

震災直後、オープンを目前にした認知症の人のためのグループホームは避難所として解放され、のべ800人の市民が利用することに。予定していた落成式もできず1か月遅れでスタートしたグループホームの、少し遅れた門出の記念音楽会にもなりました。

ページ上部へ戻る