~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のお知らせ

事業のお知らせ

福岡いのちの電話「自殺防止公開講座」 自殺!?ちょっと待って!
(福岡市)(2016年10月22日(土))(※終了しました)

※終了しました。

自殺を予防し一人の物語を続けるために
 近年減少傾向といわれる日本の自殺者。2015年は約2万4千人の方が自ら命を絶たれました(警察庁発表)。総数で語るとどこか現実味に薄れますが、一人ひとりに家族があり、生きてきた物語があったことでしょう。

 今回、自殺予防が専門の高橋祥友氏を迎え、自殺を巡るマスメディア報道の役割や様々な影響について話していただきます。自殺予防につながる多くの糸口が見えれば幸いです。

 みなさんもご一緒に考えていただければと思います。

日時 2016年10月22日(土) 14:00~16:15(開場13:30)
会場 福岡明治安田生命ホール(福岡市博多区中洲5-6-20)
電話 092-291-2711
参加費 500円(当日受付でお支払いください)
定員 400人(自由席)
内容 第1部「自殺とマスメディア報道」
講師:高橋 祥友氏(筑波大学教授)
第2部「自殺やいじめをどのように報道するか」
鼎談:高橋 祥友氏、永田 工氏(朝日新聞記者)、林 幹男氏(福岡いのちの電話理事長)

講師プロフィール

高橋祥友(たかはし・よしとも)氏
1979年金沢大学医学部卒。東京医科歯科大学、山梨医科大学、UCLA、東京都精神医学総合研究所を経て、2002年防衛医科大学校・防衛医学研究センター教授(行動科学研究部門)。2012年より筑波大学教授(医学医療系 災害・地域精神医学)。精神科医、医学博士。

応募方法

お申し込みは、自殺防止公開講座希望と明記の上、住所・氏名・電話・ファックス番号を添えて下記まで申し込みください。チケットは事前販売いたしませんので、当日お名前をお知らせください。なお、定員に達したときはお断りいたしますことをご了承ください。

申し込み先

〒810-0073
福岡市中央区舞鶴2-7-7
FAX:092-721-4343
電話: 092-713-4343
E-mail: find4343@sirius.ocn.ne.jp
※この事業は厚生労働省自殺防止対策事業の一環として補助を受けて実施します。

主催

社会福祉法人福岡いのちの電話
社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団

後援

朝日新聞社、福岡県、福岡市、九州朝日放送

協賛

大同生命厚生事業団

ページ上部へ戻る