~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

高砂部屋力士による「ゆうゆうビジット」 (名古屋市南区「ゆうあいの里大同」)

大相撲名古屋場所を終えたばかりの高砂部屋の力士らが7月25日、名古屋市南区の特別養護老人ホーム「ゆうあいの里大同」を訪れ、入居者らと交流しました。

訪問したのはいずれも三段目の朝乃丈さんと石橋さん。石橋さんは近大出身で今年入門し、三段目付け出しでスタートを切った期待の新人です。2人は小手投げなど技を次々と披露。

元力士でマネージャーの松田哲博さんによる相撲甚句もありました。入居者や施設職員との取り組みもありました。力士らとの写真撮影には地域の保育園児らも加わりました。

松田さんが腕を振るったちゃんこ鍋もふるまわれ、会場には笑顔が広がりました。「生き生きしたお年寄りたちの目を見て、とてもうれしかった。準備のかいがありました」と話す職員の表情も輝いていました。

ページ上部へ戻る