~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

川畠成道さん、宮本聖子さんによる「ゆうゆうビジット」(箕面市「照葉の里」)

6月27日、バイオリニストの川畠成道さんとピアニストの宮本聖子さんが、箕面市の特別養護老人ホーム「照葉の里」を訪問しました。川畠さんはクライスラーの「愛の喜び」「愛の悲しみ」や、サラレーテの「ツィゴイネルワイゼン」など、全9曲を披露。アンコールでは、川畠さんが演奏活動をはじめてからずっと弾いているという、グノーの「アヴェ・マリア」を演奏し、施設利用者・入居者や施設職員ら約60人がバイオリンの美しい音色に聞き入りました。

デイサービスに通っている大西昇さん(85才)は、「今はできないが、若い時はギターをやっていた。バイオリンやピアノで、あれだけ見事に、われわれにわかるように弾いていただいた。若い時は音楽が好きだったから余計に良かった。これでまた10年長生きできる」と話した。

ページ上部へ戻る