~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

日色ともゑさんとマリオネットによる「ゆうゆうビジット」
(京都市・宇治市)

昨年末の12月20日、21日に、女優の日色ともゑさんとポルトガルギターとマンドリンのデュオ「マリオネット」が京都市、宇治市の高齢者施設を訪問しました。

20日は京都市の介護老人福祉施設「市原寮」を訪問。施設利用者やスタッフら約100人が参加して、マリオネットが「南蛮渡来」「日曜はダメよ」などを演奏しました。その後、日色さんが童話「白いぼうし」を朗読しました。最後はマリオネットの伴奏で日色さんが童謡「シャボン玉」「赤いくつ」などを朗読し、集まった全員で合唱。「きよしこの夜」で会場は大いに盛り上がりました。

翌日の21日は宇治市の「宇治明星園デイサービスセンター」を訪問。会場の施設利用者や職員約60人をはじめ、日色さんやマリオネットも含めて全員が赤いサンタの帽子をかぶり、クリスマスムード溢れる中でのコンサートとなりました。この日はマリオネットの二人がかつて通っていたという、大阪・ミナミにあったシャンソンカフェの思い出をテーマにした曲「RuRu(ルル)」を披露しました。施設利用者(87)は、「楽しかったです。最高でした」と話していました。

ページ上部へ戻る