~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

恒例のクリスマスコンサートを東京・有楽町朝日ホールで開催

16回目となる「親子で楽しむクリスマスコンサート」を天皇誕生日の12月23日(水)、有楽町マリオン11階の有楽町朝日ホールで開催しました。

2015年のコンサートはシンガー・ソング絵本ライターの中川ひろたかさんと、ケロこと増田裕子とポンこと平田明子のスーパーデュオ「ケロポンズ」が出演しました。会場は、家族連れら約610人でほぼ満席となり、なかには16回全て参加しているという女性や、親子3代続いてのファンだという方々も参加してくれました。

コンサートの前半は、絵本などの著書が200冊を越えたという中川さんによる絵本の朗読でした。「これはまる」や「ぼくがすきなこと」といった自作の絵本6冊を壇上のスクリーンに映して見せながら、声色を変えて読み上げたり絵本の内容を解説したりと、楽しい朗読をしました。

後半は、軽快な代表曲「エビカニクス」の音楽に乗って、踊りながらケロポンズが登場。幼稚園や保育園で大人気というこの曲と踊りは、動画投稿サイトで1000万回以上も再生されています。

後半は中川さんとケロポンズの掛け合いの形で進行し、あそび歌の「つるたんてん」では、会場の全員が立ち上がって、歌に合わせて体を動かしながら振り付けを楽しみました。

なんの物真似かを当てる「ジェスチャーゲーム」や、パネル布の板上で人形を動かす「パネルシアター」なども含め、全部で20種類を越える歌や遊びが披露されました。

最後はアンコールとして「パンポンピンポン」と「ぼくたちの希望」の2曲が歌われ、聖夜を祝うコンサートは幕を閉じました。

ページ上部へ戻る