~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

高砂部屋力士による「ゆうゆうビジット」
(福岡県久留米市・介護老人保健施設サンダイヤル)

11月23日、大相撲高砂部屋の力士、朝乃丈(あさのじょう)と朝金井(あさかない)が福岡県久留米市の介護老人保健施設「サンダイヤル」を訪問し、入所者ら約150人と交流をしました。

高砂部屋マネージャー・松田哲博(元一ノ矢)さんが相撲の取り組みを解説、それに合わせ、両力士が多彩な技を披露、取組後は入所者の方々との握手や会話、もう一つの楽しみは相撲部屋のちゃんこ鍋を食べられることです。松田さんの味付けに舌鼓が打たれ、「うまい」「お変わり」が続き、初めて食べるちゃんこに大満足した顔がありました。

施設訪問を申し込まれた内藤さんは「普段、笑顔を見せない人、うつむいている人が顔をあげ、笑顔を見せる姿には、驚きとともに嬉しく、感動させられました。また、入所者の家族や地域のみなさんも訪れ、久しぶりに施設が賑わい、『家族とのふれあいができました』の声も聴かれました」と報告がありました。

ページ上部へ戻る