~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

バイオリニスト川畠成道さんとピアニスト佐藤勝重さんによる「ゆうゆうビジット」
(岐阜県安八郡・ラック)

9月25日、バイオリニストの川畠成道さんとピアニストの佐藤勝重さんが、岐阜県安八郡の特別養護老人ホーム「ラック」を訪問し、ミニコンサートを開きました。

川畠さんの演奏は最初にクラシックから始まり、クライスラーの「愛の悲しみ」「愛の喜び」など3曲を披露。そして、チャップリンの映画音楽などを含めた8曲を演奏しました。バイオリンの優しい音色と佐藤さんの力強いピアノ伴奏とが見事にコラボして、奏でる曲に感嘆の声が漏れ、なじみの曲では目を閉じて名場面を思い浮かべ、感動されている方もいました。演奏の合間には川畠さんから本日使用しているバイオリンの説明があり、ベートーベンが生誕した1770年に製作されたもので、245年も引き継がれていますと伝えると、施設入居者や利用者約70人からどよめきの声があがりました。利用者の方は「生演奏を間近に聴けて良かった」「バイオリンの音色がこんなに綺麗とは思いませんでした」と感激をされ、施設長の窪田さんからはバイオリンとピアノの普段聴けない演奏を聴くことができ、このようなすばらしい催しをしていただいたことに感謝していました。

ページ上部へ戻る