~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

日色ともゑさんとマリオネットによる「ゆうゆうビジット」
(静岡県島田市・あすか)

8月3日、女優の日色ともゑさんと、ポルトガルギターとマンドリンのデュオ「マリオネット」の2人が島田市の特別養護老人ホーム「あすか」を訪問。施設利用者やスタッフ、地域の人ら約150人が参加して、演奏と朗読を楽しみました。

日色ともゑさんの挨拶のあと、マリオネットが「南蛮渡来」「日曜はダメよ」や焼酎のCMでおなじみの曲を演奏。

演奏の後は日色さんが童話「白いぼうし」(作・あまんきみこ)を朗読しました。続けて、「皆さんも一緒に歌ってください」と「シャボン玉」「赤いくつ」「ふるさと」などの詩を朗読し、マリオネットが伴奏を始めると参加者が続き、皆で合唱しました。

参加者のなかには目頭を押さえながら「ふるさと」を歌う姿も見られました。歌い終えると「お父さん、会いたい!」「若返る!」と声を上げる参加者もいました。皆で一緒に歌ったり、手拍子をしたり、身体を揺らしたりと楽しい時間が流れました。

アンコールでは「ふるさと」を歌い、参加者から「焼酎の歌をもう1回聞きたい」という希望があり、ふたたび演奏に聴き入りました。

平井澄江さん(84歳)は「ギターも歌もすごく良かった。朗読で涙が出た」と笑顔で語りました。

ページ上部へ戻る