~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

第3回「認知症カフェあまなつ」開催(南伊豆町)

5月14日(木)、南伊豆町旧三浜小学校で「認知症カフェ『あまなつ』」を開催しました。

旧三浜小学校校庭から見た南伊豆の海

旧三浜小学校の多目的室を利用したカフェ

第3回目は地元の方16人が集まりました。近所の方々が声を掛け合って参加してくださるので、回を重ねるごとに賑やかになっていきます。参加者の中からは「グラウンドゴルフがあったんだけどこっちに来たんだよ」「前から楽しみにしていました」とカフェの開催を心待ちにしている声も。

テーブルごとに話が弾み、飲み物が進む中、参加者の方が作ってきてくださった心太が出されました!ポン酢、黒蜜と味を選び、みなさん「おいしい」と言いながら召しあがっていました。

できるだけ住み慣れた家、住み慣れたまちで暮らすために、認知症の人やその家族、認知症のことが気になる地域の人、ボランティア、そして医療やケアの専門職、行政担当などの人たちが気軽に集まり、お茶を飲みながら語らい、ひと時を過ごせる「居心地のいい場所」づくりを目指して、伊豆半島の先端のまち南伊豆町の子浦地区に、NPO法人風楽(ふうら)とともに2015年2月に開設した「認知症カフェ『あまなつ』」。

今回もなごやかな雰囲気のなか、それぞれが自由におしゃべりを楽しみ、何人かの方は時間が過ぎても名残惜しそうにお話しをされていました。

次回は6月11日(木)13:00~14:30に開催予定です。
認知症カフェあまなつ第2回目のページはこちら

ページ上部へ戻る