~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

第35回朝日九州車いすバスケットボール選手権 熊本大会
嘉島町民体育館で開催

第35回朝日九州車いすバスケットボール選手権大会が、12月6日、7日、熊本県上益城郡嘉島町の町民体育館で開かれ、九州・沖縄から11チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。

今大会は、第13回、14回の全国障害者スポーツ大会(長崎がんばらんば大会)で、2年連続して3位の好成績を残した長崎県チームを引っ張る「佐世保WBC」(長崎)が、この大会でも昨年に続き、連覇することができるかが注目されました。

「佐世保WBC」は初戦を危なげなく勝ち上がり、準決勝では「SEASIRS(シーサーズ)」(沖縄)と対戦し62対33で決勝に駒を進めました。決勝の相手は「福岡breez」を52対62で破り、 この大会の常勝チーム「太陽の家スパーズ」(大分)で、昨年と同じ対戦になりました。11月に行われた「長崎がんばらんば大会」からの勢いに乗り、2連覇を目指す「佐世保WBC」。 通算17回の優勝を誇り、昨年の雪辱に燃える「太陽の家スパーズ」との戦いは76対35で「佐世保WBC」が2年連続の優勝を果たしました。3位決定戦では「福岡breez」が「SEASIRS」を70対52で下しました。

上位2チームは来年5月に東京で開催予定の全国大会への出場権を獲得しました。

ページ上部へ戻る