~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

川畠成道さんと永田美穂さんによるゆうゆうビジット
介護老人福祉施設「みやび園」(八代市)

11月11日、バイオリニストの川畠成道さんとピアニストの永田美穂さんが、熊本県八代市の介護老人福祉施設みやび園を訪問し、ミニコンサートを開きました。

川畠さんはクライスラーの「美しきロスマリン」「愛の喜び」から映画音楽の「サンライズ・サンセット(屋根の上のバイオリン弾き)」さらにはオペラカルメンからワックスマンの「カルメン幻想曲」など7曲を披露しました。

施設入居者や利用者約110人が聴き入る中、バイオリンの優しい音色と永田さんの弾き出す、力強いピアノ伴奏とが見事にコラボして、奏でる曲に思わず、感嘆の声が漏れていました。なじみの曲ではついリズムを取りながら聴く方や、目を閉じて名場面を思い浮かべ、感動されている方もいました。

施設長の田方みどりさんは「バイオリンとピアノの素晴らしい音色を聴かれ、入居者全員感激しています」と述べ、施設職員の方は「バイオリンの音色があんなに綺麗とは思いませんでした。体の中にスーと入ってくるなんともいえない心地よさを感じました」と話されていました。演奏を終えた川畠さんも舞台なしで、視聴者間近の演奏については「近い距離で聴いていただくと、パワーをもらえます」と述べていました。

ページ上部へ戻る