~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

福田進一さんによる"ゆうゆうビジット"
「ベルパージュ大阪帝塚山」(大阪市)

日ごろ外出の機会が少ない高齢者が生活する特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどの施設を、音楽家らが訪問、楽しいひとときをお届けするプログラム「ゆうゆうビジット」を、11月5日に大阪市の介護付有料老人ホーム「ベルパージュ大阪帝塚山」で実施しました。この日は、世界的なギタリスト・福田進一さんが、入居者・施設職員など約60人の前でクラシックギターを演奏しました。

演奏はバッハの「3つのプレリュード」やモーツァルト「魔笛」の主題による変奏曲から始まり、次にタレルガの「アルハンブラの思い出」や「アラビア風の奇想曲」、アルベニスの「アストゥリアス」など。アルハンブラなどにも訪れた事がある福田さんが、曲の解説を入れつつ土地の情景を語ると、入居者らはギターの音色だけでなく話術にも聴き入っていました。プログラムも終盤に差しかかると、なじみのある「さくら」の主題による変奏曲、続いて映画「11月のある日」「ひまわり」のテーマ曲を演奏し、最後は、映画「禁じられた遊び」のテーマ曲で締めくくり、演奏後に会場からは大きな拍手が送られました。

入居者からは、「生の演奏をなかなか聴くことがないから、とてもよかった」(73才・男性)という声や、「よく知っている曲が聴けてよかった」(90才・女性)という感想もあり、施設長さんからは「夢の世界へ入っていった感じがした。職員・入居者もとても喜んでいたし、介護が必要な方にも1時間以上も聴いてもらえてよかった」との感想がありました。

ページ上部へ戻る