~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

福田進一さんによる"ゆうゆうビジット"特別養護老人ホーム「メヌエット」(西宮市)

9月1日、兵庫県西宮市の特別養護老人ホーム「メヌエット」をギタリスト・福田進一さんが訪問し、入所者やその家族ら約150人の前でクラシックギターを演奏しました。

福田さんはクラシックギターについて説明した後、バッハやモーツアルトなどのクラシックでなじみが深い楽曲や名曲「アルハンブラ宮殿の思い出」などを演奏。続いて映画「ひまわり」の主題歌や日本の唱歌「さくら」に続き最後は「禁じられた遊び」など、それぞれ曲の解説を交えながら全9曲を披露しました。

ギターの演奏が終わった後、会場は大きな拍手の音とありがとうの感謝の言葉も飛び出しました。その後、福田さんに入居者らから花束が手渡されました。入居者からは、「ありがたいことです。前から楽しみにしていた。とてもよかった」(105歳・入居者女性)という声や、「一つも聞きこぼさないように聞いていた」(92歳・入居者女性)という声を聞くことができました。また、施設長の堀江さんはプロのギタリストさんが施設に来ていただいた事に、心から感謝をしていました。

「ゆうゆうビジット」は、日ごろ外出の機会が少ない高齢者が生活する特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどの施設をプロの俳優や音楽家、力士などが訪問し、楽しいひとときをお届けするプログラムです。

ページ上部へ戻る