~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

ゆうゆうビジット・福田進一ギターコンサート報告

12月16日、山口県阿知須の老人保健施設「ニューライフあじす」でギタリスト・福田進一さんの訪問コンサートが開かれました。この日を楽しみに、待ちかねた入居者や家族・職員ら約110人が、ギターで奏でる優しい音色に聴き入り、満ち足りた楽しいひとときを過ごしました。

福田さんは、壇上の歓迎幕に書かれた「福田進一クラシックギター演奏」のクラシックに触れ、ギターについて説明した後、クラシック演奏でなじみの深い、バッハのメヌエット、モーツアルトの魔笛を演奏。静かに聴き入る雰囲気の中、会場には心地よい音色が響き渡りました。中盤はサクラの変奏曲を演奏。曲の流れに引き込まれるようにひとり、またひとりとギターに合わせて歌い出しました。最後に演奏された「禁じられた遊び」には親しみもあり、惜しみない拍手が送られました。

施設の職員は、外出することがままならず、生演奏など聴く機会がほとんどない高齢者に思いを込めた企画をしていただき、感謝しますと挨拶し、高齢者の心のやすらぎになれば幸いですと述べました。また、生の演奏を聴くことで、音楽療法として効果が期待できればとも話していました。

ページ上部へ戻る