~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

高砂部屋の力士による"ゆうゆうビジット"
~北九州市 特別養護老人ホーム「ゆーとぴあ宇佐町」

高砂部屋の力士が11月25日、福岡県北九州市の特別養護老人ホーム「ゆーとぴあ宇佐町」を訪問し、施設を利用するお年寄りら約130人が楽しいひとときを過ごしました。

訪問したのは、三段目の朝乃丈と朝興貴、かつて土俵で活躍したマネジャーの松田哲博さん(元・一ノ矢)の3人。朝乃丈と朝興貴は、松田さんの解説にあわせて腰割りや四股踏みなどの基本動作を披露。松田さんは、股関節を動かす腰割りはリンパの流れが良くなり、健康的な身体になります、と紹介しました。力士2人が上手投げや下手投げを実演した際には、その迫力に「わぁー」という歓声があがりました。施設の職員や利用者の家族も、飛び入りで力士と対戦。利用者の娘である「よしこ山」はこの日のために大分より参加したそうで、お姫様のように抱え上げられた際には嬉しさを爆発させていました。プログラムはその後、松田さんによる相撲甚句の披露、力士とのふれあい・写真撮影と続き、ちゃんこ鍋の試食で締めくくりました。

力士の身体に触れた参加者の一人は「つるつるで暖かくて気持ちよかった」と、感激していました。

「ゆうゆうビジット」は、特別養護老人ホームなどお年寄りの福祉施設を、プロの音楽家や俳優、力士らが訪問するプログラムです。

ページ上部へ戻る