~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

福田進一さんによる"ゆうゆうビジット"
~広島市東区 特別養護老人ホーム「ふくだの里」

11月23日、ギタリストの福田進一さんが広島市東区の特別養護老人ホーム「ふくだの里」を訪問し、施設の入居者やその家族ら約70人と楽しいひとときを過ごしました。

始めに、福田さんがいくつかあるギターの種類やクラシックギターの特徴を簡単に説明し、「クラシックギター曲の中でも演奏の難しい曲から演奏します」とあいさつをした後、バッハのメヌエットやモーツァルトの魔笛の主題による変奏曲などを演奏。利用者の中には手や足でリズムを取りながら熱心に聴き入る人も多く、曲が終わるごとに熱い拍手が起こりました。続いて、ヘンリー・マンシーニによって作曲された映画「ひまわり」や「シャレード」のテーマ曲を弾き、プログラムの締めくくりには「アルハンブラ宮殿の思い出」を披露しました。最前列で福田さんの演奏を聴いていた利用者の80代女性は、福田さんに「遠くからお越しいただき、すばらしい演奏を聴かせてくださりありがとうございました」と参加者を代表してお礼を伝えました。

「ゆうゆうビジット」は、日ごろ、外出の機会が少ない高齢者が生活する特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどの施設をプロの俳優や音楽家、力士などが訪問し、楽しいひとときをお届けするプログラムです。

ページ上部へ戻る