~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

連続講座「住まいの終活」(大阪)を開催しました

 高齢期を見据えた「終(つい)のすみか」探しについて考える3回連続講演会を大阪で開きました。
 各回のテーマは「あなたに向く住まいのカタチ」「自分の家で逝きたい」「新しい住まいのカタチ」。

 講師は、「おひとりさまの老後」「上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?」著者で認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長で社会学者の上野千鶴子さんをはじめ、高齢者住宅問題に詳しい高齢者住宅情報センターの田中由利子大阪相談室長、京都で小規模多機能ホームを運営している杉原優子さんらにお話をいただきました。また、近年全国に広まりつつあるホームホスピスについて「神戸なごみの家」の松本京子代表にご紹介いただきました。
 受講生は60代から70代の方々が中心で、各回とも熱心に講師の話に聞き入る姿が目立ちました。
 終了後のアンケートには「終活入門ができて良かった」「自分の老後、親の介護の参考になった」「ひとり暮らしの終活に力強い応援を受けたようで勇気づけられた」という感想や、「具体的でわかりやすかった」「たいへん良かった」という声が多数寄せられました。

各回の講師、来場者数は次のとおりです。
【第1回】2013年9月8日(日)大阪市西区・大阪YMCA会館ホール(来場者217人)
~あなたに向く住まいのカタチ~
《第1部》講演「あなたに向く高齢期の住まいのカタチ」(13:00~14:25/85分)
講師=田中由利子さん/コミュニティネットワーク協会・高齢者住宅情報センター大阪相談室長
《第2部》「わたしがココを選んだ理由」(14:45~15:45、質疑応答14:55~15:25/30分)
お話=住宅型有料老人ホーム入居者・向田貞子さん(聞き手~田中由利子さん)
《第3部》「高齢期の住み替え準備」(15:25~16:00/35分)
講師=田中由利子さん
【第2回】2013年10月6日(日)大阪市西区・大阪YMCA会館ホール(来場者187人)
~自分の家で逝きたい~
《第1部》講演「在宅で最期を迎えるためには」(13:00~14:30/90分)
講師=杉原優子さん/京都府介護福祉士会会長、小規模多機能ホーム「十四軒町の家」マネージャー
《第2部》講演「『とも暮らし』という選択~ホームホスピス」(15:00~16:00/60分)
講師=松本京子さん/ホームホスピス「神戸なごみの家」代表
【第3回】2013年10月20日(日)大阪市住之江区・インテックス大阪 国際会議ホール(来場者268人) 
~新しい住まいのカタチ~
《第1部》基調講演「おひとりさまの住まいの終活」(13:00~14:00/60分)
講師=上野千鶴子さん/認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長・
立命館大学特別招聘教授・東京大学名誉教授・日本学術会議会員・社会学者
《第2部》対談「新しい住まいのカタチ」(14:30~15:30/60分)、質疑応答(15:30~16:00/30分)
○上野千鶴子さん
○近山恵子さん/コミュニティネットワーク協会理事長

ページ上部へ戻る