~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のお知らせ

事業のお知らせ

第30回「全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」入場者募集(終了しました)

※ お申し込み受け付けは締め切りました

第30回「全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」の入場者を募集します。

全国の応募者97人から原稿と映像審査で選ばれた10人が手話と音声を同時に使って競います。ろう学校出身の弁護士で聴覚障害者の人権と福祉の向上に取り組む松本晶行さんの講演もあります。

とき 8月31日(土) 午後0時30分から午後4時まで
ところ 第一生命ホール(晴海トリトンスクエア内)
〒104-0053 東京都中央区晴海1-8-9 TEL 03-3532-3535
都営地下鉄大江戸線 勝どき駅下車 A2a出口 徒歩8分
入場料 無料
定員 500人

お申し込み方法

往復はがきに住所、氏名(返信用にも)、電話番号を記入し、8月12日までに〒104・8011朝日新聞厚生文化事業団「手話スピーチコンテスト」係(03・5540・7446)。下記お申し込みフォームからも申し込めます。応募多数の場合は抽選となります。

※ お申し込み受け付けは締め切りました

・主催
全日本ろうあ連盟、朝日新聞厚生文化事業団、朝日新聞社
・後援
厚生労働省、文部科学省、テレビ朝日福祉文化事業団、日本手話通訳士協会、全国聾学校長会
・協力
東京都聴覚障害者連盟
・協賛

NEC

ページ上部へ戻る