| 事業のお知らせ | 社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団" />

~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のお知らせ

事業のお知らせ

児童養護施設・里親家庭の高校生進学応援金(締め切りました)

進学の夢応援します!

児童養護施設や里親家庭で生活し、経済的に恵まれない中、進学を希望する高校生へ入学時に必要な入学金、施設設備費と支度金を贈ります。
大学や短期大学、専門学校への夢をあきらめず、自分の可能性を信じて勉学に励み、自立を目指す高校生を応援します。

東京都・川崎市・名古屋市など、本応援金と同内容の制度が自治体などで実施されている場合は選考 の対象となりません。

2013年度の募集要項は下記の通りです。

※ 締め切りました
助成対象 全国の児童養護施設や里親家庭で生活し、2014年4月に4年生大学、短期大学、専門学校への進学を希望している高校3年生(高卒認定合格見込み者含む)。
助成内容
金額
4年制大学、短期大学、専門学校の入学金、施設設備費など入学時に納入する費用(授業料は除く)上限100万円までを贈ります。入学金、施設設備費などが100万円に満たない場合は、新生活への支度金(10万円まで)を合わせて贈ります。返済は不要です。なお、入学金免除の人、入学金のない学校へ進学する場合は対象になりません。
※学生自治会費、後援会費などの諸会費は支度金(10万円)を活用してください。
募集人員 20人程度
応募方法

所定の申込用紙(①本人申込書、②進学応援金アンケート、③施設長・里親申込書)を当事業団に請求し、必要事項を記入のうえ、作文(800字程度、題名は『私の大切なもの』)をそえて郵送で申し込んでください。

作文は市販の原稿用紙を使用して下さい。

作文は原則として手書きです。手書きが難しい方はご相談ください。

締め切り 2013年8月23日(消印有効)
選考方法
結果の連絡
応募書類をもとに朝日新聞厚生文化事業団内に設けた選考委員会で選考を行います。10月初旬に結果(採否)を文書でご通知します。内定した人は入学許可書(合格証書)のコピー送付をもって正式決定とさせていただきます。なお、内定した人には内定時にその後のスケジュールや贈呈方法の詳細などについてお知らせします。また、追加書類(学校のパンフレットや志望校を変更する場合の書面などの提出)をお願いする場合があります。
応援金の贈呈 合格後、入学を希望する学校の入学金の払込期限に合わせて、施設、里親を通じて贈ります。
お申し込み
お問い合わせ
朝日新聞厚生文化事業団
「進学応援金」係
〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
TEL(03)-5540-7446 FAX(03)-5565-1643
E-mail:shingaku@asahi-welfare.or.jp
ダウンロード
その他 ①本人申込書と進学応援金アンケート、作文(800字程度)は、必ず本人の自筆で記入をお願いします。
②選考の経過、個別の採否の事由についてはお答えできませんのでご了承下さい。
③贈呈者には進学後、近況報告など一定の報告をお願いすることになります。
④申し込み時に取得した個人情報などについては、当事業団の個人情報保護方針に基づき適切に処理されます。本人の許諾なく情報を他の目的に利用することはありません。

主催/朝日新聞厚生文化事業団

ページ上部へ戻る