~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

進学応援金の集い 朝日新聞東京本社で開催

 「児童養護施設・里親家庭の高校生進学応援金」(朝日新聞厚生文化事業団主催)を受ける高校生たちの集いを3月20日(水)に、朝日新聞東京本社で開きました。今回の贈呈が決まった高校生のうち16人が参加しました。

生徒は、朝日新聞社を見学した後、集いに出席。お互いの抱負を語り合ったり、社会的養護の当事者を支える「なごやかサポートみらい」代表の関戸敏夫さんの激励を受け、進学への決意を新たにしていました。

また、翌日は全員で東京ディズニーシーにでかけ、グループでアトラクションをまわり、交流を深めました。

当応援金は、児童擁護施設や里親家庭から大学や専門学校に進学する高校3年生を対象に、入学時に必要な入学金など(上限一人100万円)を支給するもので、今回が5回目。同事業団創設80周年記念事業として始まり2013年度も募集されます。

本年度の詳しい内容については、当事業団進学応援金係へお問い合わせください。

ページ上部へ戻る