~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

高砂部屋の力士による"ゆうゆうビジット" ~大阪府貝塚市

 高砂部屋の力士が3月25日、大阪府貝塚市の特別養護老人ホーム「水間ケ丘」を訪問し、施設を利用するお年寄りら約70人が楽しいひとときを過ごしました。

 訪問したのは、幕下の朝弁慶と三段目の朝乃丈、かつて土俵で活躍したマネージャーの松田哲博さん(元・一ノ矢)の三人。朝弁慶と朝乃丈は「小手投げ」や「つり落とし」などの決まり手を解説にあわせてスローモーションで実演。パチン、パチンという身体と身体がぶつかる大きな音には会場から歓声が沸き起こりました。松田さんによる相撲甚句の披露やちゃんこ鍋の試食を行ったあと、力士が参加者のひとりひとりに挨拶へ行くと、体格のよい身体に触れたり、握手を求めるお年寄りの姿が見られました。

 参加者の一人は「取り組み後の力士の肌は上気して真っ赤だった。テレビで見るのとは肌の色が全然違う」と、間近で見る力士の姿に感激していました。

 「ゆうゆうビジット」は、特別養護老人ホームなどお年寄りの福祉施設を、プロの音楽家や俳優、力士らが訪問するプログラムです。

ページ上部へ戻る