~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のご報告

事業のご報告

福田進一さんによる"ゆうゆうビジット"~伊丹市 特別養護老人ホーム「あそか苑」

 クラシックギターの世界ではその存在を知らない人はいないといわれる、世界的なギタリスト・福田進一さんが2月10日、伊丹市の特別養護老人ホーム「あそか苑」を訪問しました。

 大阪・船場の出身で、2歳から8歳までを伊丹市で過ごしたという福田さん。親近感をおぼえた施設利用者の皆さんは、福田さんが紡ぎ出すメロディーに酔いしれました。

 最初に演奏したのは映画「禁じられた遊び」で有名な「愛のロマンス」。続けて「鉄道員のテーマ」「グランホタ」「アランフェス協奏曲 第二楽章」など6曲を曲の解説を交えて演奏。その後は日本の春夏秋冬にあわせ「さくら変奏曲」「ひまわり」「枯葉」、最後に「シクラメンのかほり」を演奏し、会場からは大きな拍手が送られました。

 最後に同苑老人会会長の植田キクエさん(101歳)から「いつまでもいつまでも皆さんを楽しませてあげてください」と花束が贈られました。

 クラシックギターの名手による演奏に利用者の皆さんは「女学校の頃から、音楽が大好きでした。今日は本当に楽しゅうございました」「とても楽しくて胸がいっぱいになりました。楽しませていただきました」などと話していました。

 このプログラムは、外出する機会が少ない特別養護老人ホームなどお年寄りの福祉施設を、プロの音楽家や俳優、力士らが訪問するプログラムです。

ページ上部へ戻る