~共に生きる豊かな福祉社会のために~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組み、創設90周年を迎えました。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 講演会

講演会

集合!教育・企業・福祉・家族、すべての支援者! ジョブコーチ・ネットワーク JC-NET会議(終了しました)

ジョブコーチやその関係者、関心のある人々が全国から集う「JC-NET(ジョブコーチ・ネットワーク)会議」。豊富な実践に基づいたジョブコーチに関する情報発信地として2004年にスタートして9年目。福祉、労働、教育、行政、障害のある人やその家族など、「障害のある人が社会の中で働くこと」について、垣根を越えて情報を交換し、意見を交わします。就労支援をリードする日本の最先端に、ぜひご参加ください。

とき 2013年3月9日(土)13:00 ~ 10日(日)15:30
ところ 大妻女子大学 多摩キャンパス
小田急多摩線 「唐木田(からきだ)」駅 徒歩10分
定員 500人
※定員になり次第締め切ります。
参加費 10,000円(JC-NET会員8,000円)
主催 NPO法人JC-NET 朝日新聞厚生文化事業団

2013年3月9日(土)のプログラム

キーノート・スピーチ

日本ジョブコーチシーンの流れ、新たな展開について解説をします。

小川 浩(JC-NET代表・大妻女子大学)

シンポジウム I

1)「2.0%時代突入! 障害者雇用率とどう向き合うか」
障害者雇用率2.0%時代へ。雇用する側の立場から、新しい時代にどう向き合っていくか考えます。
シンポジスト 庄司 浩(キユーピーあい)
嘉田龍人(ベネッセスタイルケア)
司会 志賀利一(国立のぞみの園)

ワークショップ I

ジョブコーチ界のトップランナーがスピーカーを 招いて、それぞれのテーマに沿ってディスカッ ションします。テーマは2日間にわたって4分野。各ワークショップが別会場で同時進行ですので、興味・関心に合わせて選択してご参加ください。

1)「教育からの就労支援」
コーディネーター 山本 仁(金沢大学附属特別支援学校)
助言者 秦 政(障がい者就業・雇用支援センター)
話題提供者 森脇 勤(白河総合支援学校分校開設準備室分室) 木村宣孝(稲穂高等支援学校)
2)「就労支援プロセス考える 医療との連携」
コーディネーター 千田若菜(ながやまメンタルクリニック)
話題提供者 森屋直樹(すみよし障がい者就業・生活支援センター)
細谷賢一(日野ハーモニー)
3)「発達障害の人の就労支援のいま」
コーディネーター 西村浩二(広島県発達障害者支援センター)
話題提供者 柴田珠里(横浜市発達障害者支援センター)
井原佳代(澄心)
近藤秀雄(NTTデータだいち)

入門講座 I

ジョブコーチの基礎的な知識を学ぶ入門講座です。『入門講座I』では、ジョブコーチの役割と、その姿勢について概観し、障害のある人と企業をつなぐ支援の基本について解説します。それぞれの『入門講座』はワークショップと別会場で同時進行ですので、興味・関心に合わせて選択してご参加ください。

「ジョブコーチとは」
大澤隆則(ぷろっぷ)
「アセスメントとジョブマッチング」
小松邦明(高浜市障害者相談支援事業所)

2013年3月10日(日)のプログラム

実践発表分科会

日本各地の就労支援の実践者10人が全国から集 まります。それぞれのテーマ、分野によって興味・ 関心に合わせて選択してください。

1)「現場からの実践報告(1)」
進行 東 良太郎(クロスジョブ神戸)

地方における就労にむけての取り組み
髙石德香(障がい者就業・生活支援センターねっとWorkジョイ)

ビルメンテナンス業における障害者雇用の取り組み
福田久美子(美交工業)

精神障害者のジョブコーチ支援
竹澤美紅(マーズ)

西鉄ウィルアクトの取り組み
樂滿慶子(西鉄ウィルアクト)

札幌市自立支援協議会就労部会の取り組み
重泉敏聖(就業・生活応援プラザ とねっと)

2)「現場からの実践報告(2)」
進行 堀江美里(WEL'S TOKYO)

ハートフルアクアの取り組み
小貝武司(ハートフルアクア)

継続した就労に向けた特別支援学校の取り組み
野田将之(郡上特別支援学校)

発達障害者の雇用管理の取り組み
佐藤麻子(トランスコスモス・アシスト)

就労移行支援事業所でのワークサンプルの活用方法
若尾勝己(東松山障害者就労支援センター)

自信を持たせる障害者雇用
森藤啓治郎(丸善運輸倉庫)

ワークショップ II

「就労移行支援事業を考える」
コーディネーター 濱田和秀(クロスジョブ堺)
話題提供者 三田地昭典(電機神奈川福祉センター)
松本玲子(福岡ジョブサポート)
山口雄矢(夢工房福祉会 ワーク未来工房)
吉本佳弘(多摩棕櫚亭)

入門講座 II

『入門講座 II』では、障害のある人への実際の職場での段階に合わせた援助技術について解説します。

「分かりやすく教える」
稲葉健太郎(名古屋市総合リハビリテーションセンター)
「フェイディングとフォローアップ」
石井浩明(福岡市立心身障がい福祉センター)

昼食休憩 & ポスターセッション

全国各地で活躍するジョブコーチの人たちが、ポス ターとプレゼンテーションでそれぞれの実践を紹介し ます。一方的な情報交換に終わることなく、双方向の コミュニケーションも可能です。

『ポスターセッション』の 参加者・団体を募集します。 JC-NETの会員あるいは賛助会員で、日ご ろの実践を紹介したい、評価をして欲しいとい う方や団体、グループ、企業などのポスターセッ ションへの参加を募集しています。お申し込み は主催事務局へご連絡をください。

シンポジウム II

地域での障害のある人への就労支援を担う機関 が充実する一方で、支援の中身やネットワークの 「質」が、いま問われています。次の時代を担う ジョブコーチのあるべき姿について、養成する立 場から考えます。

「ジョブコーチ制度の次の時代について考える」
シンポジスト 伊集院貴子(大阪障害者雇用支援ネットワーク)
酒井京子(全国就業支援ネットワーク)
鈴木 修(くらしえん・しごとえん)
湯田正樹(レオパレススマイル)
司会 小川 浩(大妻女子大学)

参加申し込み

「参加申込書」に必要事項をご記入の上、FAXあるいは郵便でお送りください(コピー可)。
株式会社KNTビジネスクリエイト 東日本営業部 『JC-NET会議』受付事務局
〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-4-2 錦糸町マークビル3階
TEL. 03-6730-3222 FAX. 03-6730-3230

昼食(弁当)

会場でお弁当をご用意します。事前に申し込みが必要です。お弁当は1個600円(お茶つき・税込み)です。ご希望の方は、参加申込書の所定の欄に○を付けてください。

懇親会

3月10日(土)17:30より、会場の大妻女子大学内で懇親会を予定しています。参加ご希望の方はお申し込みください。参加費3,500円が別途必要です。

費用の支払い

参加申し込みを受付後、請求書をお送りします。「参加費」ほかの金額合計を銀行振込にて1週間以内にご送金ください。ご入金の確認後、受付事務局から「参加票」「昼食(お弁当)引き換え券」などをお送りします。

主催事務局

内容に関するお問い合わせは主催事務局にご連絡ください。

朝日新聞厚生文化事業団『JC-NET会議』事務局
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
tel. 03-5540-7446 fax. 03-5565-1643

ページ上部へ戻る