~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 最新のお知らせ 令和6年能登半島地震 災害支援 災害時の支援活動の協力に関する協定(大学ボランティアセンターへの支援)活動実施報告「神戸学院大学」(兵庫県)

最新のお知らせ

令和6年能登半島地震 災害支援
災害時の支援活動の協力に関する協定(大学ボランティアセンターへの支援)活動実施報告「神戸学院大学」(兵庫県)

2024年1月1日に発災しました「令和6年能登半島地震」について、本協定に基づき支援活動を実施された団体からの活動報告を掲載いたします。今回は「神戸学院大学」です。

28468646
3月12日 いざ七尾市へ

助成金額

361,280円

助成金の使途

学生の現地までの交通費、現地宿泊費

活動実績

学生がボランティアとして、石川県地域振興課、(株)ぶなの森さんの協力で、内灘町等被災地の視察、七尾市災害ボランティアセンターを通じて被災家屋の災害ゴミの搬出、ゴミ分別場の片づけ等を行いました。石川県から1回につき10名とのお話だったので、競争率5倍だった活動希望者から選考し、2回に分けて派遣をしました。

参加者

第1クール(3/11~12)学生8名、引率者2名
第2クール(3/13~14)学生8名、引率者2名
合計20名

行程

1日目(3/11・3/13)内灘町視察(案内:ぶなの森 高峰博保 氏)
2日目(3/12・3/14)七尾市で活動(災害ボランティアセンター)

活動成果

被災地視察からの学び

現地の方の誘導で、砂地で土壌が脆弱な内灘町被災地域を視察しました。初日に視察を組み入れたのは、翌日の活動前にしっかりと被災地の現状を体感し、理解と意識づくりのためです。能登半島地域での活動実績のある方に案内いただけたことで、その目的は達成できたかと思います。

被災地への貢献

七尾市災害ボランティアセンターでの活動

3/12:ボランティア 53人(内、本学学生・教職員10人)ニーズ6件に対応し、5件が完了。
3/14:ボランティア 90人(内、本学学生・教職員10人)ニーズ17件に対応し、15件が完了。

→被災家屋から災害ゴミの搬出と分別場の仕分け作業等を行いました。
各地から集まるボランティアの方々と混合チームによる協働作業で、少しでも被災地復旧のお手伝いができたかと思っています。

活動風景・写真

28468647
3月12日 ボランティア資材置き場の整理
28468648
3月12日 災害ゴミ分別場の片づけ
28468649
3月13日 内灘町被災街並み
28468650
3月14日 災害ボランティアセンター様子
28468642
3月14日 災害ゴミ分別活動

参加した学生からの声 ※参加学生の学びや意見(事後アンケートから一部抜粋)

  • 震災直後はみんなが関心を持っていても、段々報道されなくなると現地の現状がわかりづらい。今回の活動でまだまだやらなければならないことが山積みだと分かった。
  • 伝承館など過去の記録としてではなく、この目で復興のためにいろんな人が頑張っているところを見ることができた。
  • 雨天の中の活動がこんなにも体力を奪われると思っていなかった。この作業が猛暑や極寒だったらと考えると、活動は天候に左右されるので、うまく復興が進まないのではないかと思った。
  • 協力してテンポよくできると思っていたが、家の中の片付けをする作業は、沢山倒れているものがあったものの、住人の方が「後は一人で片付けます」というご意思で、あまり進まなかった。
  • 活動時はコミュニケーションを取ることの大切さを学んだ。自分の目で見たことを、もっと多くの人に共有しないといけないと感じた。積極性、自主性が大事だと感じた。
  • 自分たちが活動した内容が次のボランティアの人にバトンをつなぐという意識が芽生えた。人との繋がりが大事だと感じた。
  • 無力感を強く味わった。意味があることだと理解しているが、充実感を感じなかった。一日でブロック壁の撤去と家の中の片づけをしたが、助けがいる被災家屋が多いので復旧にどれだけの月日がいるのかと無力感を感じた。
  • 活動リーダーをしたけれど、リーダーシップも判断力もなくて、自分の力では上手くまとめることが難しいと感じた。
  • ボランティアを受け入れる側の組織力、ボランティア同士の報連相が改めて大切だと感じた。ボランティアのチームで連絡を取り合うことが大切だと感じた。自分ができることをするのが大事。
  • 一日の活動だったため出来ることが少なすぎた。一日では終わらない作業は、次の人に向けてちゃんと引継ぎをすることが重要だと思った。
  • がれきや割れたお皿が残る中、片付けようにも高齢のため思うように作業できないことを知った。本当は落ちた家族の遺影を元に戻したいけど、再び地震が来るかもしれない怖さと、それが落ちてケガをするかも知れない怖さで元に戻せないと言っていた。やるせない気持ちとおっしゃっていた。

今後の課題

  • 本報告の作成時点で、七尾市にテント村開設の情報を得ていますが、広範囲にわたる被災状況で、ボランティアが現地に入りやすく、活動しやすい環境づくりが課題と思います。
  • 今回、本学の受け入れ窓口となっていただいた石川県地域振興課さんから、「まだまだボランティアの力が必要だが、学生には、今回のようにボランティアだけではなく、被災地の状況を肌で感じるとともに学びの場もあるような機会を広く提供できないか新年度に向け検討したい」と言っていただいており、継続的なプログラムの計画に活かしてまいりたいです。
  • 特に緊急支援の場合、ボランティア、支援者のケアの必要性が言われていますが、参加学生の事後アンケートからも、少人数ではあるが、「無力感」「憂鬱」「イライラ」や「日常生活に戻ることに時間を要する」と回答した学生がいました。大学、受入れ団体等、ボランティアのケアの必要性についての認識を新たにする必要があると思います。

事業団より皆さまへ寄付のおねがい

事業団では、能登地震への被災者支援ほか様々な福祉事業へのご支援・ご協力をお待ちしております。皆さまの温かいお気持ちお待ちしております。

ご寄付はこちら

お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-600-668
E-mail: kifu★asahi-welfare.or.jp
※メールは「★」記号を「@」に置き換えて送信ください。