内藤亜澄 「モデルダイニング」 F8 作品説明
遅野井梨絵 「化身」 F4 作品説明
中島淳志 「蒼穹は舞う」 41×20.5cm 作品説明
佐藤明日香 「hello zipper」 24.3×40.9cm 作品説明
北直人 「夜の街」 F6 作品説明
丁子紅子 「遠くで」 P6 作品説明
松沢真紀 「月にカエル(カエル)」 18×8cm 作品説明
社本奈美 「雛芥子」 M4 作品説明
撫子凛 「鸚鵡小町」 F6 作品説明
津田翔一 「子猫(スコティッシュフォールド)」 23×24.5cm 作品説明
永井優 「幸せになりたいと願う」 S8 作品説明
小田伊織 「塔に飛行船」 H38×W7.7×D7.7cm 作品説明
島崎良平 「風船ネエさん」 P8 作品説明
渡部仁美 「猫のいる風景」 F8 作品説明
新直子 「纏う」 F8 作品説明
奥村彰一 「おねえ山水 心中洞天」 F8 作品説明
久保俊太郎 「戦利品」 P6 作品説明
後藤勇治 「無題」 F8 作品説明
松川佳代 「雨の後の夕陽・5月」 22×29cm 作品説明
北川安希子 「游泳−6」 F8 作品説明
顧洛水 「眠」 F8作品説明
岩崎夏子 「Lilium」 S6作品説明
稲恒佳奈 「mild spring day」 F4作品説明
竹中薫 「無風の時」 P6作品説明
松尾彩加 「胡蝶の夢T」 F4作品説明
大平由香理 「金富士」 F8作品説明
立木美江 「カノン(花音)」 F6作品説明
藤川さき 「蔦のゆくえは知らずとも」S6 作品説明
前川ひな 「If you keep me on the ground」 F8作品説明

内藤亜澄 「モデルダイニング」 F8

【作品説明】

さまざまな視覚情報から恣意的に記憶を引き出して画面上に構成することをコンセプトとして作品制作を行った。一見関係の無いいくつかの風景も、記憶の同じ場所に保存されているため、それらに共通点があるものとし、ひとつの空間に収めることで記憶の保存状態を画面に表した。

【素材】
キャンバス、油彩

【プロフィール】

1983年
6月2日生まれ
2006年
東海大学教養学部芸術学科美術学課程卒業
2008年
山本鼎版画大賞展入選
2009年
全日本アートサロン絵画大賞展文部科学大臣賞
世界絵画大賞展本江邦夫賞
2010年
シェル美術賞入選
2011年
ACTアート大賞展優秀賞
2012年
シェル美術賞本江邦夫審査員賞
第22回ARTBOX大賞展準グランプリ
第5回アーティクル賞入選
2014年
トーキョーワンダーウォール入選
損保ジャパン美術賞、FACE2014入選

遅野井梨絵 「化身」 F4

【作品説明】

人は成長の過程で様々に枝分かれし、無限の可能性を秘めています。幼虫と成虫を描くことで少女の成長していく過程を表現しています。

【素材】
キャンバス

【プロフィール】

1982年
12月6日生まれ
現  在
二科会デザイン部会友
2004年
第89回二科展奨励賞
2005年
茨城二科展同人努力賞
2011年
第96回二科展会友推挙
2013年
第98回二科展会友賞受賞
2014年
「月刊美術」美術新人賞デビュー入選
第99回二科展会友賞受賞
新生堂第1回新生絵画賞展入選

中島淳志 「蒼穹は舞う」 41×20.5cm

【作品説明】

草木と小鳥を観察していたら背景の空が踊ってるように見えました。

【素材】
和紙、墨、胡粉、水干絵具、銀箔

【プロフィール】

1993年
2月2日生まれ
2012年
東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻入学
2014年
Next Art展推薦

佐藤明日香 「hello zipper」 24.3×40.9cm

【作品説明】

ジッパーの中に広がる奇妙な世界

【素材】
紙、パネル

【プロフィール】

1987年
1月7日北海道生まれ
2009年
法政大学文学部卒業

<個展>

2013年
佐藤明日香特集(三越銀座店)
2014年
佐藤明日香絵画展(三越銀座店)

<受賞歴>

2013年
空想美術大賞展奨励賞
富士山世界文化遺産登録記念アート・オーク ション入選
Next Art展推薦

北直人 「夜の街」 F6

【作品説明】

幼い頃、酒乱の父が家に居るとわかっているときは、出先から帰ってきても家には入らず、父が外出することを祈りながら、母と兄と僕の三人で夜の街をあてもなく歩きました。僕は未だに街灯や夜の街に郷愁を感じます。

【素材】
キャンバス、油彩

【プロフィール】

1983年
3月15日生まれ
2000年
愛知県立半田工業高校卒業

丁子紅子 「遠くで」 P6

【作品説明】

いつの日か笑っていたこと。その日を忘れても、気持ちを忘れることはないでしょう。曖昧な記憶のなかで暖かさだけを残し、ずっとどこかで声がしている。あなたのその日をもう一度。そんな思いで描きました。

【素材】
アートクロス、岩絵具、金箔、金泥

【プロフィール】

1991年
1月24日生まれ 現代童画会会員
2009年
大宮光陵高等学校美術科卒業
2013年
女子美術大学絵画学科日本画専攻卒業グループ展
2014年
space2*3オープン記念取り扱い作家小品展(ミツイアート)
2014年
KENZAN〜見参〜(タワーホール船堀)
2014年〜2015年
アートで祝おう2015-羊がいっぱい!展(伊藤忠スクエア)
2015年
アートの力2015(新宿伊勢丹)

松沢真紀 「月にカエル(カエル)」 18×8cm

【作品説明】

カエルの触れている葉と背景にミクストメディアの技法を使い、焼き物のような質感と模様を出しました。葉の輪郭を描いた金線はステンドグラスに使う技法を応用したものです。油彩を中心にした描写(カエル)と組み合わせて、生き物の小さな生命を表現できるよう努めました。

【素材】
板にミクストメディア

【プロフィール】

1982年
3月11日生まれ
2007年
女子美術大学卒業
女子美制作賞受賞
2009年
女子美術大学大学院修了
福沢一郎賞受賞
2011年
女子美パリ賞・大村文子基金受賞
2012年
帰国。絵画・芸術領域で活動を再開
イレブンガールズアートコレクションに参加
女子美術大学非常勤講師

社本奈美 「雛芥子」 M4

【作品説明】

毒はない芥子。

【素材】
紙本着彩

【プロフィール】

1985年
12月7日生まれ
2012年
愛知県立芸術大学大学院美術研究科修了

<主な展示>

2011年
第37回東京春季創画展(高島屋日本橋店他)
飛翔未来へ長湫会(名都美術館)
第7回萌の会日本画展(松坂屋名古屋店他)
2012年
第11回福知山市佐藤太清賞公募美術展(福知山市厚生会館他5会場)、第12回同展第15回三菱商事アート・ゲート・プログラム(GYRE)、第18回、第21回同展 愛知芸大俊英作家日本画展(そごう大宮店) 、2013年同展
2013年
空想美術大賞展(伊藤忠青山アートスクエア他)
第40回創画展(東京都美術館他)
山梨ワイン&アート・オークション(Terratoria)
2014年
第4回 贈展(ギャラリー恵風)
Next Art展(朝日新聞東京本社、松屋銀座)

撫子凛 「鸚鵡小町」 F6

【素材】
キャンバス

【プロフィール】

1984年
12月15日生まれ(千葉県)
2005年
日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒
2008年
トーキョーワンダーウォール公募2008入選

<個展>

2010年
骨と音楽(下北沢GAoh!)
2011年
凛派展(Art Lab TOKIO)
2012年
乙・闘・女ーオトメー(Art Lab TOKIO)
2013年
炎と水(Art Lab TOKIO)

津田翔一 「子猫(スコティッシュフォールド)」 23×24.5cm

【作品説明】

スコティッシュフォールドの子猫を描きました。動物や昆虫を手のひらサイズで描いています。

【素材】
ケント紙に色鉛筆

【プロフィール】

1984年
4月5日生まれ
2013年
東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

永井優 「幸せになりたいと願う」 S8

【作品説明】

日本の伝統的な素材を大切にして作品制作をしています。日本人の繊細さや、素材の重厚感に美しさを見出し、現代の日本人の描く絵画というものを追求しています。描くことによって幸せをつかめると願い描きました。

【素材】
顔料、カシュー、綿布、パネル

【プロフィール】

1987年
1月5日生まれ(東京都)
2007年〜2014年
新制作展(国立新美術館)
2009年
ワンダーシード(トーキョーワンダーサイト渋谷)
2010年
多摩美術大学卒業制作展(国立新美術館)
多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
2012年
東京五美術大学連合卒業・修了制作展(国立新美術館)
多摩美術大学大学院油画美術研究絵画専攻修了
Young Art Taipei(Gallery Q- Booth、シェラトンホテル、台北、台湾)

小田伊織 「塔に飛行船」 H38×W7.7×D7.7cm

【作品説明】

ゆったりと流れる時間をテーマに、日常の景色の中に見えてくるものをモチーフとして組み合わせ、1つの作品とした。

【素材】
漆、木、麻布、銀箔、銀粉、金粉、貝

【プロフィール】

1984年
9月11日生まれ

<学歴>

2012年
東京藝術大学大学院美術研究科漆芸修了
現  在
東京藝術大学漆芸研究室 教育研究助手 日本文化財漆協会理事

<入選・受賞歴>

2012年
修了制作 社団法人日本漆工奨学賞受賞
第1回そば猪口アート公募展入選(2013、2014)
2014年
第54回日本クラフト展入選

島崎良平 「風船ネエさん」 P8

【作品説明】

全ては捨てきれないままの、思いっきり飛んでいる姿を描きました。ずいぶん昔に陸上部で走り幅跳びをやっていたのですが、跳んだ時の、空気が止まり音がなくなったような感覚を思い出しました。

【素材】
本美濃紙にアクリル、墨、顔彩(金)

【プロフィール】

1986年
6月1日生まれ

<個展>

2011年〜2014年
個展(The Artcomplex Center of Tokyo)
2011年〜2014年
個展(名栗の杜)
2013年
個展(コピス吉祥寺)

<グループ展>

2010年
Royal Exhibition Building of Melbourne Australia(オーストラリア)

<受賞歴>

2010年
GoFa award2010大賞(GoFa)
2013年
アジアデジタル大賞展入賞(感性融合デザインセンター)・教育日本工学院八王子専門学校グラフィックデザイン科卒業アトリエアート吉祥寺で学ぶ

渡部仁美 「猫のいる風景」 F8

【作品説明】

日常の中のふとした風景を描きました。

【素材】
キャンバス

【プロフィール】

1991年
8月17日生まれ
2014年
女子美術大学芸術学部美術学科洋画専攻卒業
2015年
現在、日本大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻絵画分野1年

<受賞>

2013年
第4回全国0・SM公募大賞展奨励賞
第1回金谷美術館コンクール優秀賞
第6回全国0・SM公募大賞展奨励賞

新直子 「纏う」 F8

【作品説明】

わたしたちは、曖昧で移りゆく世界でさまざまな生命とかかわりながら生きている。植物を身に纏(まと)い、なにかを誇示する女性。わたしたちはこの世界の一部である。

【素材】
キャンバス、アクリル絵具

【プロフィール】

1988年
10月25日生まれ
2009年
第7回中札内村 北の大地ビエンナーレ 北の大地大賞(中札内文化創造センター)
2010年
日中芸術交流展(中国美術学院)
2012年
ワンダーシード2012入選(トーキョーワンダーサイト渋谷)
2013年
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻洋画領域修
2014年
新直子展“grace”(ギャラリイK)

奥村彰一 「おねえ山水 心中洞天」 F8

【作品説明】

洞天とは洞窟の先にある豁然(かつぜん)と開けた別天地のことで、この世と地続きながらも決してたどり着くことのできない桃源郷であります。私は昔の文人のように山水でこれを表現し、座して心を遊ばせたいと考えています。

【素材】
墨、岩絵具、三彩紙

【プロフィール】

1989年
12月6日生まれ
2011年
中央美術学院中国画系留学
2013年
多摩美術大学日本画専攻3年次復学
佐藤太清賞入選
2014年
Shell美術賞2014入選
face2015 入選

久保俊太郎 「戦利品」 P6

【作品説明】

正体不明の荷物を担いで運ぶ動物の兵隊。鳥獣戯画の一場面をオマージュした。古来より親しまれる擬人化の手法に、ペット用ハーネス、品種改良、絶滅危惧など現代的なモチーフや題材を加えている。

【素材】
和紙、アクリルガッシュ、顔彩

【プロフィール】

1986年
2月7日生まれ
2009年
via art 審査員賞
2010年
武蔵野美術大学大学院日本画コース修了
武蔵野美術大学修了制作優秀賞
2014年
世界絵画大賞展入選

<グループ展>

2010年
羅針盤セレクション 秘蔵の作家6人展

<個展>

2011年
畜生道
2014年
マザリーズ

後藤勇治 「無題」 F8

【作品説明】

幅5cm程度の範囲を描きました。小さすぎて肉眼では観察しづらい対象も、デジタル機器等がより手軽に扱えるようになることで、個人的には柔軟に表現するようになりました。

【素材】
キャンバス

【プロフィール】

1981年
2月23日生まれ
2006年
あだたら青年美術の展望(あだたら高原美術館)
2007年
あだたら青年美術の展望(あだたら高原美術館)
2008年
あだたら青年美術の展望(あだたら高原美術館)
2011 年
Next Art展推薦
リアリズム賞展(新生堂)
松戸アートラインプロジェクト

松川佳代 「雨の後の夕陽・5月」 22×29cm

【作品説明】

ソフトパステルを用い、素早く風景の色を捉えます。その場で仕上げた色には、季節の空気と自分の感情とが合わさったそのときにしか出会えない色があると思って描いています。

【素材】

【プロフィール】

1979年
10月23日生まれ
2002年
多摩美術大学絵画学科油画専攻卒
2011年〜2014年
Next Art展推薦
国営昭和記念公園花みどり文化センターにて、毎年複数回の個展を開催。
同公園内売店にてポストカード・カレンダー等を販売中
その他、個展・グループ展多数
朝日カルチャー・よみうりカルチャーパステル画講師(常設4講座)
著書「パステルで風景スケッチ」(日貿出版社、2014年)

北川安希子 「游泳−6」 F8

【作品説明】

蓮が映り込む水中を泳ぐ鯉を描きました。泳ぐ鯉と、水面の波紋の映り込む形のおもしろさや一瞬で波の模様が移り変わる不安定さに魅力を感じて表現いたしました。

【素材】
和紙に岩絵具

【プロフィール】

1983年
10月3日生まれ(志賀県)
2006年
成安造形大学造形美術科日本画クラス卒業
2008年
同研究生修了 京都日本画家協会会員

<受賞歴>

2005年
佐藤太清賞公募美術展覧会福知山市長賞(福知山市厚生会館他)
2011年
京都日本画新展大賞(京都伊勢丹他)
2012年
公募日本の絵画入選永井龍之介賞(永井画廊)
滋賀県次世代文化賞受賞
2014年
美術新人賞デビュー2014入選作品展奨励賞(フジヰ画廊)

顧洛水 「眠」 F8

【作品説明】

無防備で寝っている状態は人間によって一番自然的な様子だと考えます。このような自然的で、仮面をかぶってない表情を表現しようと思います。

【素材】
高知麻紙、岩絵具、墨、鹿膠

【プロフィール】

1986年
10月26日生まれ
顧亜テイ(こ あてい)、雅号 洛水(らくすい)
京都造形芸術大学大学院博士2年日本画専攻在籍
2014年
個展 恋(ギャラリーはねうさぎ)
2008年
第2回工筆重彩小幅作品展(中国美術館)
2011年
美術大学選抜日本画展優秀賞(石正美術館)
2013年
花鳥館奨学金2013優秀賞(花鳥館他)
デビュー美術新人賞(フジヰ画廊)
2014年
春の院展(東京他)
京都アートフェア(みやこめっせ)

岩崎夏子 「Lilium」 S6

【作品説明】

墨や顔料の滲みをもとに百合を真鍮で描きました。

【素材】
紙、墨、顔料、真鍮、岩絵具

【プロフィール】

1986年
7月18日生まれ
2012年
多摩美術大学絵画学科日本画専攻卒業
2013年
ベルリン芸術大学短期派遣交換留学
2014年
多摩美術大学大学院美術研究科専攻博士前期課程日本画研究領域卒業
現  在
美術作家、日本画家、神奈川県私立高校美術教師、都内美術予備校講師

<AWARDS>

2012年〜2014年
Next Art展推薦
2012年度三菱商事アートゲートプログラム奨学生選抜 佐藤国際文化育英財団第22期奨学生選抜

<SOLO EXHIBITION>

2010年
岩崎夏子個展(銀座アートギャラリー石)
2014年
岩崎夏子修了個展(ガレリア・グラフィカbis)

<GROUP EXHIBITION>

2011年度三菱商事アートゲートプログラム奨学生展(三菱商事本社)、第22回奨学生美術展(佐藤美術館)他

稲恒佳奈 「mild spring day」 F4

【作品説明】

春のやさしい光と気温を意識して、現在も続く日本人の習慣である花見の情景を描いた。桜の木の下に集う様々な人間模様を感じて欲しい。

【素材】
白麻紙・麻布・箔・岩絵具・膠

【プロフィール】

1987年
8月1日生まれ
2012年
ART AWARD NEXT2入選
2013年
東北芸術工科大学大学院日本画領域修了
銀座三越が選ぶ期待の新星コレクションファイル#1出品(銀座三越)
山本冬彦が選ぶ若手作家小品展出品(ギャラリー枝香庵)
企業コラボアート2013(TOMS STORE TOKYO)
三菱商事アートゲートプログラム第18回チャリティーオークション入選
個展(画廊くにまつ)
2014年
アートフェア東京2014(画廊くにまつブース)
個展(銀座三越)

竹中薫 「無風の時」 P6

【作品説明】

何気ない日常の一瞬を描いた作品です。真昼の静寂と、影の静かな動き、時間の動きを表現しました。

【素材】
紙、パネル

【プロフィール】

1986年
10月23日生まれ(愛知県)

<略歴>

2009年
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業

<受賞・展示歴>

2008年
理化学研究所アートプロジェクト副所長賞
VIA ART(シンワアートミュージアム)
2009年
武蔵野美術大学卒業制作優秀賞
2011年
グループ展・ECO展(ギャラリーアートポイント)
第4回アーティクル賞入選(ターナーギャラリー)
2012年
第15回三菱アートゲートプログラム入選
第5回YoungArtiestJapan参加
2013年
Next Art展推薦

松尾彩加 「胡蝶の夢T」 F4

【作品説明】

水がこぼれ落ちるまでの時間、花が咲いて枯れるまでの時間、異なる二つの時間が重なる束の間の美しさを描きたいと思いました。

【素材】
油彩、キャンバス

【プロフィール】

1991年
5月12日生まれ(香川県)
2014年
多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業

<グループ展>

2013年
ほっとできる場所(Gallery Q)
ART Meeting展(銀座三越)
99人展(Gallery Q)
Stylish cool life(銀座三越)
第6回三井不動産商業マネジメント・オフィース・エクスビジョン(三井不動産商業マネジメント株式会社)
2014年
東京五美術大学連合卒業・終了制作展(国立新美術館)
Next Art展推薦

大平由香理 「金富士」 F8

【作品説明】

「山は命の源泉であり、母体である」という山伏の言葉をきいた。山は色々なものを生み出す始まりの場所なのだと思い、描き続けている。

【素材】
パネルに顔料

【プロフィール】

1988年
6月21日生まれ
2011年
東北芸術工科大学卒業制作展日本画コース最優秀賞受賞
第21期佐藤国際文化育英財団奨学生選出
2012年
Next Art展推薦
第5回アーティクル賞グランプリ受賞
2013年
東北芸術工科大院日本画研究領域修了
アートアワードトーキョー丸の内2013佐藤直樹賞受賞
平成24年度東北芸術工科大学学長奨励賞受賞
2014年
Next Art展推薦

立木美江 「カノン(花音)」 F6

【作品説明】

ノブドウの実が風を奏でる様子

【素材】
日本画画材

【プロフィール】

1983年
6月11日生まれ
2006年
九州産業大学卒業制作展優秀賞
2007年〜2011年
院展7回入選
2011年
院友推挙
九州産業大学博士号取得
2012年
九州藝術学会論文奨励賞受賞
2014年
空想美術大賞展特別奨励賞
損保ジャパン美術賞展入選

藤川さき 「蔦のゆくえは知らずとも」S6

【作品説明】

歌う、描く、喋る、書く、など、手段を問わずとも、何かを表現しようとする欲から繋がる予測のできない未来たちに対するきらめきや愛おしさを描きました。伸び続ける植物は、終わりの無い欲望や興味を表しています。

【素材】
キャンバス

【プロフィール】

1990年
5月28日生まれ

<受賞歴>

2011年
petit"GEISAI"#15 ob(オビ)賞
2014年
タグボートアートフェス杉田鐡男賞、森下泰輔賞

<展覧会歴>

2011年
IMPACT2011(ギャルリー東京ユマニテ)
2012年
藤川さき個展(hidari zingaro)
2013年
コレクター山本冬彦が選ぶ若手作家展(アートコンプレックスセンター)
“開発も”新世代への視点2013(ギャラリーなつか)
2014年
シブヤスタイルvol.8(西武渋谷店)
PLANET JAM(マサタカコンテンポラリー)
・雑誌Hanako1068~1072号「歌舞伎事始。」挿絵担当

前川ひな 「If you keep me on the ground」 F8

【作品説明】

日常性というものが糊塗(こと)しているが故に、普段自明であると自然に信じ、まどろんでいる世界。現存在を基盤から掘り起こし、遂には解体してしまう危機に隣接した世界を、我々は日々歩いている。自己の自明性をめぐる隘路(あいろ)にて立ち止まる時、何が存在を貫くのだろうか。

【素材】
oil and resin on canvas

【プロフィール】

1990年
12月30日生まれ
現  在
東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻描画装飾研究室1年在籍
2012年
シブヤスタイルvol.6 (西武渋谷店)
ULTRA005 (スパイラルガーデン)
2013年
WONDER SEEDS 2013(トーキョーワンダーサイト本郷)
nine colors VII (西武渋谷店他)
2014年
アートの力(伊勢丹新宿本館)
オープン記念取り扱い作家小品展(space2*3)

Gallery

朝日新聞厚生文化事業団のトップページ