~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のお知らせ

事業のお知らせ

障害のある人が働く作業所「アリストランプ」の支援をお願いします!

クラウドファンディング
「おいしい♡愛犬用クッキーづくりを応援して、障害がある人のやりがいとお給料を守りたい!」プロジェクト

朝日新聞厚生文化事業団では、東京都中央区にある、障害のある人が働く作業所「アリストランプ」(就労継続支援B型)とともにクラウドファンディングに挑戦することにしました。

アリストランプでは、愛犬たちのためのクッキーを製造・販売して利用者さんにお給料を支払っていますが、コロナによる不景気の影響もあり、主な納品先であるお店が閉店してしまい、現在は利用者さんのお給料が通常の6割減となっている状況です。

新しい販売先を探さなくてはいけないものの、現在の職員数と経営状況では営業活動を行うための時間を割くのが難しいため、このプロジェクトを通じてクッキー製造の需要をつくり、利用者さんのやりがいとお給料を守りたいと考えています。

アリストランプで働く利用者さんと職員

今回の挑戦で集めた資金は、返礼品の発送にかかる経費を除き、全額を利用者さんのお給料に充てます。返礼品には、保存料や添加物を使用せず、手作りしたクッキーを用意しています。どの返礼品を選ぼうかワクワク楽しんでいただけるよう、クッキーの味やサイズに種類を設けました。ぜひ私たちのプロジェクトページにいらしてください。

プロジェクトページ「A-port」 ▶
※ 外部サイトに遷移します。

愛犬へ安心安全なおやつを

アリストランプで愛犬用クッキーを作り始めたのは、法人設立者の愛犬への思いがきっかけでした。家族の一員である愛犬には、安心安全のおやつを食べさせたいけれど、なかなか見つからない。それなら自分たちで手作りしてしまおう、と思い立ったことがきっかけでした。

保存料や添加物は不使用。原材料は卵黄、てんさい糖、小麦粉、豆乳、無塩バターのみ(クッキーのフレーバーにより、原料を追加します)を使用し、ひとつひとつ手作りしています。

材料の配合、生地の生成に型抜きといった工程のほとんどを利用者が担います。だいたい直径2センチほどの小さい型を、いかに効率よく生地から抜き出していくか、利用者の熟練度が問われます。

焼き上がったクッキー

実はこのクッキー、「障害のある人が製造している」ということを表に出したことがありません。純粋に、クッキーの品質のみで愛犬家の皆さんの信頼を得てきた、と胸を張れる看板商品であり、しかも売上収益金を利用者さんに完全還元しているので、利用者の生活を支える「大黒柱」の役目も果たしてくれています。

私たちが胸を張って作っているクッキー。どうか今後もこのクッキーを作ってお給料をもらうことができるよう、皆さまからのご支援をお願いいたします。

アリストランプ所長・岸野優

ページ上部へ戻る