~支え合う安心社会の実現に向けて~
朝日新聞厚生文化事業団は「福祉を支える地域づくり」「福祉を担う人づくり」「支援の輪づくり」を軸に社会福祉事業に取り組んでいます。

朝日新聞厚生文化事業団トップページ 事業のお知らせ

事業のお知らせ

【新型コロナ緊急支援】ひとり親家庭にお米を送りました

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国の小中高校および特別支援学校では3月2日から一斉休校が始まりました。給食がなくなり食費がかさむひとり親家庭の皆さんを応援するため、認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむに助成し、団体の独自支援分などとあわせて合計1100世帯へお米を届けました。

お米を受け取られた方からのご感想・メッセージ

  • 「子どもたちは学童や学校の臨時受入にも行けず、私の仕事も影響を受けて3月は収入がありません。今後ももし何かあったらと思うとこれからもっともっと頑張らなきゃと追い詰められていました。勇気を出してお米の申し込みをしました。ありがとうございました。」
  • 「頼れる身内もいないので、コロナの怖さとこれからの子どもたちとの生活をマイナスに考える日々が続いていましたが、今回の支援をいただき、ひとりぼっちじゃないんだって感じる事ができ、気持ちが少し楽になりました。」
  • 「コロナウィルスの影響でスーパーから一時お米が消えてしまいました。また、騒動により便乗値上げもされていて、わたしたちひとり親世帯には死活問題です。お米をいただけるとメールがあったときには、心底ほっとしました。」

ページ上部へ戻る